カテゴリ:横浜K邸( 18 )
横浜K邸 竣工写真
横浜K邸オープンハウスご来場の皆様、暑い中ありがとうございました。
竣工写真は一部picasaにアップしてあります。
by iplusi | 2010-08-10 22:25 | 横浜K邸 | Comments(3)
横浜K邸オープンハウス初日
横浜K邸オープンハウス初日終了。
d0017039_21244347.jpg
黒板塗装された建具に落書きするKさんの子供たち。いいシーンです。子供たちの記憶の中に確実に残ると思います。飯塚の家も小さいころ家の中に大きな黒板があったことをよく覚えています。
d0017039_21371263.jpg
完成?黒い塗装面は、ちょっとデザイナーズ風になって、あざとい感じがでちゃうものですが、「建具兼稼動黒板」という機能をもたせることで、そういういやらしさが消えてる気がします。表情だけみても、こうやって色が入るほうが、ただの真っ黒面より、ずっといいですよね。
by iplusi | 2010-08-07 21:26 | 横浜K邸 | Comments(0)
横浜K邸のみどころ
d0017039_18542337.jpg
2階東のリビングから、西側の崖側方向をみる。1階ダイニングの先には、眺めの良いデッキがあります。南側に窓はほとんどありませんが、室内は非常に明るく、外みたいな感じです。
d0017039_1913045.jpg
ちょっと置き棚兼キャットタワー。お施主塗装で、色とりどりに塗られています。猫が梁の上にのったら楽しいですね。
d0017039_195306.jpg
キッチンはバーチ合板、コンロまわりは施主支給のガラスモザイクタイル。手掛けはイケアでこれも施主支給。奥様のイメージどおりに末次さんがまとめてくれました。
d0017039_19131659.jpg
大型の本棚と、黒板塗装の建具。鴨居は白く着色予定です。
d0017039_2230191.jpg
北東からの眺め。このアングルだと、2つのブロックが、咬み合ってる様子がよくわかります。屋根は北上がりの片流れ。周囲の家と反対の傾きです。
by iplusi | 2010-08-05 14:54 | 横浜K邸 | Comments(0)
横浜K邸 竣工間際
d0017039_21364566.jpg

横浜K邸は、眺望の良い丘の上に建つ、家族4人猫2匹のための住宅です。
建主さんの要望は、要約すると、「部屋や収納がたくさんある、広々とした住まい。今の家が暗いので、ともかく明るくしたい」というもの。敷地は南北が隣家に挟まれますが、東西に眺望が開けています。がけ上の地形やコスト条件から考えると、建物の大きさは30坪以下になり、さらに一種高度の制限で、北側が大きく削られることが予想されました。

私たちの提案は、「ガラスと木の非対称な2つの台形ボリュームで建築物を構成。トンネル状の抜けをつくる南側のガラスのボリュームには、LDなどのパブリックな機能を配置。プライバシーが確保できる、壁で囲まれた北側の木のボリュームには、個室や水まわりを配置する。」というシンプルなものです。

家を南北に2分する明快なゾーニングで、30坪の住宅の中に、家族一人一人が最小限個室を持ち、2つのリビングがある5LLDKの間取りを実現。トンネル空間にハイサイドライトでさらに光を落とし、明るく開放的なパブリックゾーンを成立させました。

d0017039_8382178.jpgまた、一種高度の規制どおりに画一的な街並みができることを回避するため、あえて屋根は北上がりに。南には窓を設けず、周囲の環境に即して東西に風通しの良い抜けを確保、屋根通気層や高断熱化とあわせ、夏の暑さに配慮した計画としています。

その他今回は、庇と袖壁がコの字に連続するバルコニー、2階の床を突き抜ける背の高い本棚、夕焼けを楽しむためのデッキ、猫のための各種仕掛け、子供たちが落書きする黒板塗装の建具、EPやバトンの施主塗装、回遊できる間取りなども見所です。

d0017039_21354571.jpg

by iplusi | 2010-07-22 20:24 | 横浜K邸 | Comments(0)
ハイサイドライトの効果
d0017039_23212569.jpg青木工務店の末次さんに送ってもらった携帯写真。
横浜K邸、クロス貼りがほぼ完了しました。建具枠が施主工事の白塗装ということもあって、非常にモダンな印象になってますね。北向きのハイサイドライトの空間ですが、非常に明るそうです。
by iplusi | 2010-07-13 23:21 | 横浜K邸 | Comments(0)
横浜K邸 足場解体
d0017039_023551.jpg
足場とれました。青木の末次さんが携帯で撮ってくれた写真です。鉄骨造みたいですね。手すり下の木は黒or焦げ茶で、塗装します。
by iplusi | 2010-07-06 21:09 | 横浜K邸 | Comments(0)
EPとバトン施主塗装@横浜K邸
結局横浜K邸は、家具がバトンの白の施主塗装、窓枠はEPの施主塗装となりました。建具は未定ですが、オスモ、タブブルー一部検討中。
d0017039_19125292.jpg
EPの塗りつぶし施主塗装ははじめてですが、K邸奥様はお仕事柄、筆を使い慣れていますので、非常にうまくいってます。
d0017039_1914827.jpg
バトン白施主塗装も今回がはじめて。バトンはオスモみたいな粘性がなく、ごく軽く色をのせる感じのジャブジャブ塗料。集成材は刷毛で塗ってふき取るなど、いろいろ実験してみましたが、あまり欲張って色をのせようとするとムラになったりダマになったりします。試行錯誤の結果、「布で雑巾がけ要領で塗って、ふき取らない」というのが一番むらなく塗れるということがわかりました。ただし、練り付けの化粧合板は布で塗ったあとふき取った方が綺麗です。
by iplusi | 2010-07-05 19:12 | 横浜K邸 | Comments(2)
横浜K邸 家具工事
横浜K邸今日の現場。狩野棟梁、家具工事の真っ最中。
d0017039_19272060.jpg
吹き抜けにある大型本棚は、建具工事を残してほぼ完成。階段と本棚が入ると狭くなるかなあと思ってたけど、ぜんぜん大丈夫でした。むしろハイサイドの光が間接光になって面白い感じですね。
d0017039_19273063.jpg
本棚は2階の床より高くなっていて、天板がジグザグ状の作業カウンターにつながる設定です。窓枠、幅木、つなぎ梁は白く塗装します。が、つなぎ梁塗装以外は、今回すべて施主工事。横浜Kさん、家具をバトンの白にするか、オスモのタブブルーにするか検討中です。
d0017039_19273770.jpg
バルコニ床がつくと見えなくなっちゃうアングル。
d0017039_19274257.jpg
崖側方向の景色。玄関から入ってくるときの印象は、海の中で岩場から抜けるときの感じといったらいいでしょうか。斜め壁、本棚、小屋のつなぎ梁がインテリアの重要な要素です。今日は気持ちのいい風が東西に抜けていました。エアコン使わなくてもすごせるかも。
by iplusi | 2010-06-24 19:30 | 横浜K邸 | Comments(4)
横浜K邸 木外壁張り完了
d0017039_111359.jpg
道路側外壁木張りが完了。
d0017039_115257.jpg
内部はフローリングが完了。枠やPB施工中。
by iplusi | 2010-05-20 01:03 | 横浜K邸 | Comments(0)
横浜K邸のハイサイドライト
横浜K邸今日の現場。ハイペースで、どんどんできてます。1階は天井下地も一部完了。奥行き1.5間、ドカンと吹き抜けてるので、1階も狭さありません。本棚や階段ができると若干狭い感じがするかもしれませんが、それでも十二分ですね。
d0017039_20281785.jpg
狩野棟梁の指導風景。今日はノミの研ぎ方について厳しく指導されてました。
d0017039_20274825.jpg
ともかく明るい家が建主さんのご要望。北向きのハイサイドライトでも明るさは十分です。
d0017039_20283110.jpg
外から見ると、回りの家より小さい感じなのですが、ガラスで見通しがいいこともあって、中はこの広がり。間口3間。左側で奥行き4.5間。右側は奥行き5.5間です。
d0017039_20501261.jpg
外部のキカイダー部分。横向きホームベース型の壁と、くの字に跳ねだす袖壁軒天のおかげで、陰影に富む、なかなか面白い立面になりそうです。
by iplusi | 2010-04-13 20:28 | 横浜K邸 | Comments(0)