カテゴリ:藤沢H邸( 19 )
藤沢H邸その後 (竣工後4年半)
藤沢H邸久しぶりに、お邪魔して来ました。
d0017039_17224262.jpg
南側道路からの見上げ。道路側は大谷石擁壁を壊して、間知ブロックの擁壁を積み、その上に建てています。1階の外壁はスギ、2階は横葺きのガルバ(緑がかったメタリックシルバー色)です。
d0017039_17225652.jpg
西側は法面ですが、土留や植栽で、土が流れないようになっています。植栽は造園屋さんの仕事。
d0017039_17231637.jpg
2階の南側はテラスになっています。手すりは既製品のアルミルーバーで製作。猫の落下防止柵を兼ねています。「光を調整できて、とても快適だが、台風時、バタつくのが難点」とのこと。
d0017039_17232498.jpg
玄関天井は淡いグレイ色。ガルバや木のエッジがシャープですね。
d0017039_17234132.jpg
ペレットストーブは場所想定してありましたが、竣工後に設置してます。シモタニのコンコード・オルコット。大きな窓がいいですね。燃料費がもったいなくて、あまり使ってないけど。とてもあたたかいそうです。
d0017039_17235226.jpg
北側のリビング。台形窓の正面には、富士山が見えます。マルホンのチーク材の床はとても良い感じ。竣工時赤い材と白い材が、かなり激しく混ざっていた天井のレッドシダーも、チーク色に焼けて、統一感がでていました。
by iplusi | 2014-11-16 17:27 | 藤沢H邸 | Comments(0)
藤沢H邸引渡し
今日は藤沢H邸の引渡しでした。今日撮影した竣工写真はpicasaにアップしてあります。スライドショーはこちら
d0017039_0384135.jpg

by iplusi | 2010-04-29 22:24 | 藤沢H邸 | Comments(0)
藤沢H邸 目尻付き窓
d0017039_20262327.jpg
間知石積みも今回工事分です。
d0017039_20264379.jpg
目尻付き窓。富士山が正面に見えます。
by iplusi | 2010-04-20 20:26 | 藤沢H邸 | Comments(0)
藤沢H邸、足場解体
d0017039_202258.jpg藤沢H邸足場とれました。富士山方向に向かって、山型の立面が跳ね出しています。
2階窓は内側から養生してるので、養生取るともう少しメリハリがつくのかなと思います。
by iplusi | 2010-04-08 20:02 | 藤沢H邸 | Comments(0)
藤沢H邸 今日の現場
d0017039_18455269.jpg
一階は杉で、2階はガルバの横葺き。何か北米風の色使いですね。南2階の開口部には、ネコの落下防止、目隠し、手すりなどを兼ねて、サンワカンパニーのソーラーブレードを入れることになっています。
d0017039_18464574.jpg
外壁のほとんどは、こんな横葺き仕様。手作り感があって良いですね。成幸建設が得意とする葺き方です。
d0017039_1929383.jpg
内部も着々と進んでいます。ハイサイドライトの下には、40角の格子がつきます。
d0017039_1938198.jpg
ロフト用、折り返しのスケルトン階段。なかなかやっかいなディテールとなりますが、鉄骨一部入れておさめてくれました。
d0017039_184841.jpg
軒が下がってるラッパ型の空間なので、パースが強調されますね。
by iplusi | 2010-03-25 18:45 | 藤沢H邸 | Comments(0)
藤沢H邸 今日の現場
d0017039_20571617.jpg内外とも大体下地関係が終了。これから、フローリングなど、内装工事が本格的にスタートします。

写真は敷地の北側にあるリビング。ハイサイドライトから光が射すので、北側でも暗さはまったくありません。床はチーク、天井はレッドシダーで、高級別荘風?になります。
d0017039_1843535.jpg
今日の富士山。すばらしくきれいでした。

d0017039_20551499.jpgリビングからダイニング側をみたところ。ハイサイドのオーニング窓は電動です。リビングとダイニングの間は、ツガをダークブラウンに染色した格子で緩やかに仕切る予定です。
by iplusi | 2010-02-07 18:43 | 藤沢H邸 | Comments(0)
藤沢H邸電気打ち合わせ
1月11日、今日は藤沢H邸の電気打ち合わせでした。
d0017039_17135727.jpg
ダイニング。正面側がビスタが優れる西側ですが、ガラスだらけにすると、西日がしんどいので、食卓に座ると富士山がよくみえる、というような高さ設定の重心の低い横長窓で、開口を絞っています。南北からも光が入るので、ダイニングの明るさは十分です。
d0017039_17141594.jpg
ロフトからの風景。すのこ床を支える梁と、建具上レールをくっつける梁が交差しています。
by iplusi | 2010-01-11 17:14 | 藤沢H邸 | Comments(0)
ダイライト施工中@藤沢H邸
d0017039_17492081.jpg
屋根通気層、屋根ルーフィングまで完了。2階ダイライトは大体張れました。2階の柱頭柱脚金物、梁のジョイント金物などは大体終わった感じでしょうか。
d0017039_17534883.jpg
リビングは2階北側にあるんですが、このように、ちゃんと日があたる設計になっています。ただし、紫外線カットするために、ガラスはフィルム入りの防犯ガラスです。
d0017039_17543912.jpg
赤ラインあたりまで壁が来る感じですがどうでしょうか。Hさん。
d0017039_17565726.jpg
今日の富士山。
by iplusi | 2009-12-22 17:53 | 藤沢H邸 | Comments(2)
藤沢H邸上棟
d0017039_22484688.jpg
藤沢H邸上棟しました。間知石や階段も今回つくったもの。100%土木仕様で、呆れるほど何回も役所検査を受けています。建築とは異なる、ごついスケール感が面白いですね。
d0017039_22485861.jpg
90cm間隔に高さ30cmの梁が並ぶ片持ち部。片持ち構造にして、斜面から出来るだけセットバックさせているわけです。片持ちの根元は渡り顎仕口だと、乗っかる梁の欠損が大きくなるので、受け梁の切り欠き部のところに、ずれ止めのほぞパイプを仕込みました。
d0017039_22491351.jpg
でかい梁の上は24mm合板の2重張り。非常に剛性の高い床で木造とは思えない歩行感でした。ここは体育館の様に広いゴージャスなLDKスペース。
d0017039_22492586.jpg
2階からは、どこからでも、富士山や相模湾が見えます。フジミノイエという名前にしてもいいくらい。
d0017039_22493593.jpg
屋根の一番上に上れば、南南東方向にも、少しだけ海が見えることがわかりました。ちょっと得した気分ですね。
d0017039_22494777.jpg
今日は中折れブームのレッカーが活躍。規模が大きいこともあって、作業終了時はすっかり日が暮れてました。
by iplusi | 2009-12-12 22:50 | 藤沢H邸 | Comments(3)
藤沢H邸その後
藤沢H邸は、現場を島田が担当してるので、このブログに現場記事がないのですが、擁壁工事が終わり建物の工事が始まっています。現在プレカットの最終チェック中。金曜日はマルホン鈴木さん(葉山Y邸、大同工業の現場で担当していただいた方でした)と打ち合わせ。片持ち梁の先っぽと根元の細かいおさまりを打ち合わせでき、一気に進んだ感じです。今週中に図面承認、11/12上棟予定です。
d0017039_19294550.jpg
これは毎週、成幸建設の麻生さんが送ってくれる、工事管理報告の書類です。一枚っぺらの書類ですが、毎週きっちり送ってくれますので安心感があります。簡単なようで、これは、なかなか大変です。最後までひとつお願いしますね。
by iplusi | 2009-11-30 19:29 | 藤沢H邸 | Comments(0)