カテゴリ:平塚K邸( 62 )
平塚K邸プチ見学
12月中旬、横浜Sさん、多摩NKさんと一緒に平塚K邸プチ見学へ行ってきました。平塚K邸は2009年9月竣工なので、竣工後丸7年経過、8年目に入ったところです。
d0017039_13142877.jpg
東側外観です。南下がりと北下がり、2つの片流れ屋根のボリュームが相貫体になっています。南側の軒は低く縁側状です。
d0017039_13113146.jpg
2階屋根は充填断熱で、杉の羽目板EP拭き取り塗装。無節でとても綺麗な材料ですね。大窓はフィックスで、東と北の窓が開く仕様になっています。
d0017039_13113245.jpg
2階トイレはアイランド状に配置。吹き抜け側の内窓が開く仕様になっており、ミニ書斎にもできそう、笑。でも「言われなければトイレに見えない」というのは大事なことですね。
d0017039_19554313.jpg
平塚K(息子)こと、i+iスタッフ熊沢の部屋です。ベッド導入されましたが、配置はこれでいいんですかね?北側の1200角の窓は木製ブラインドで網戸が隠れてスッキリしました。横スリットはあまり開けないので、網戸もとってしまったそう。
d0017039_13113248.jpg
熊沢の作業風景。真夜中に送ってくるメールはこんな快適そうな場所で書いているので、お施主の皆さん心配しないでください、笑。
d0017039_13113323.jpg
トイレ方向を見返したところ。光が奥行きを暗示してます。トイレのダクトには麻ひもが巻いてあります。
d0017039_13334913.jpg
熊沢部屋から大窓方向を見たところ。熊沢ルーム回りは北欧風という感じでまとまってました。
d0017039_13170988.jpg
1階に降りてみましょう。吹き抜けから見上げると、すのこ越しに大窓が見えます。
d0017039_13345458.jpg
平面の大きな平屋は家の中央や北側が暗くなりがち。でも大窓から吹き抜けに光を落とせばこんなに明るく快適です。
d0017039_13202075.jpg
吹き抜け北側の和室です。畳縁はとても細くシャープ。和室は巨大な吊り戸で仕切れるようになっています。畳は部屋の途中から始まっているので、部屋の輪郭はあいまいです。
d0017039_13195908.jpg
脱衣室にはキッチン側からアクセスするプランですが、和室からも脱衣室に直接入れるようになっています。藍色の暖簾がバーチの扉とよく合ってますね。
d0017039_13201417.jpg
1階は置き家具など含の和風アイテムがあるので、和っぽい雰囲気になっています。2階は北欧で1階は和風、シンプルにスッキリ作っておけば、要はお施主さんのインテリアの工夫で、どうにでもなるということですから、ゆっくり時間をかかえてインテリアを整えていくのもよいかも。
d0017039_13151822.jpg
縁側の途中にある外部中庭。家の中が快適すぎるので、あんまり使ってないみたいですが、床の間みたいに空間のゆとりに貢献する空間と考えればアリですね。
d0017039_13145270.jpg
家の前の畑から中庭方向をみるとこんな感じ。夏は緑に覆われますので、南の軒が見えるのは冬だけです。
d0017039_13200655.jpg
リビング天井は結構焼けましたかね。ともかく陰影が綺麗です。
d0017039_13113017.jpg
最後に2階の大窓とリビングをいっぺんに撮ったアングルをどうぞ。設計した本人が改めて見てもいい家でした。熊沢家のみなさん、ありがとうございました。

by iplusi | 2017-01-02 13:32 | 平塚K邸 | Comments(1)
新建ハウジング+1 「家づくり大賞」記事
d0017039_18211959.jpg紹介が大分遅くなりましたが、「新建ハウジング+1」の2013年5月号と6月号に、13ページにわたって、「家づくり大賞」の記事が掲載されています。

↓上記5月号の左ページのアップです。アイプラスアイは、暮らし快適賞の部門賞を、一般選考、家造りの会選考、両方で頂戴致しました。
d0017039_18233437.jpg

by iplusi | 2013-07-19 18:24 | 平塚K邸 | Comments(0)
家づくり大賞展
家づくりの会が主催する「家づくり大賞」において、平塚K邸が「暮らし快適部門賞」を頂きました。
今週末の土日、新宿パークタワーの1階コンコース、甲州街道よりの「ギャラリー3」で、家づくり大賞、各部門賞の模型とパネルの展覧会が開催されます。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りいただければと思います。

新宿パークタワー・ギャラリー3(東京都新宿区西新宿3-7-1)
・2013年3月16日(土)
  12:00~19:00 展示会
 16:00~18:00 表彰式・受賞者挨拶
・2013年3月17日(日)
 10:00~18:00 展示会

でパネルはこんな具合でできたんですが(全2枚のうちの1枚)、
d0017039_2074534.jpg
模型の方は金曜日、20時現在でこんな感じ。↓
d0017039_209812.jpg
この家の施主(=スタッフ)自ら作成しておりますが、階段、デッキ、屋根、その他いろいろまだできてません。間に合うんでしょうか、笑。
d0017039_1335785.jpg
ps.なんとか間に合いました、笑。
by iplusi | 2013-03-15 20:25 | 平塚K邸 | Comments(0)
ペレットストーブ
d0017039_13485563.jpg
平塚K邸のプチ見学で、今期最初のペレットストーブの燃焼実験。ペレットストーブはこんな風に炎が楽しめるので、大変リッチな感じですね。
d0017039_13575499.jpg
広い広い縁側と、2階の大窓。
by iplusi | 2012-12-03 13:53 | 平塚K邸 | Comments(0)
常滑Nさん平塚K邸見学
d0017039_0191998.jpg
常滑Nさんと平塚K邸見学。南側の窓の大きさなど、原寸大で確認できました。
天井のカナダツガもヒノキ合板も結構焼けていました。壁面の黒も馴染んできた感じです。
d0017039_0193894.jpg
和室。平塚K邸の中では一番暗い部屋ですが、逆に落ち着くとのこと。天井際には神棚用のニッチがあります。畳縁は通常より大分細くしてます。神棚下の入り口の建具は鴨居なしの仕様。

室内はエアコン全館暖房で、20度を越えており、ペレットある部屋だと、私にはちょっと暑いくらい。上下階の温度差は1度程度で、空気は階段吹き抜けで上昇して、納戸奥の小吹き抜けから降りてくるそうです。参考になります。平塚Kさん、いつもありがとうございます。
by iplusi | 2012-02-19 00:26 | 平塚K邸 | Comments(3)
平塚K邸 プチ見学会
大久保のお友達、Tさんご夫妻と平塚K邸プチ見学。
d0017039_21432561.jpg
観葉植物は室内においてあります。このあたりは朝方マイナス5度くらいになるそう。室内はダイレクトゲインもあるので、ペレットストーブつけると暑すぎる位。
d0017039_2144293.jpg
主寝室です。私のボロカメラだと、集光力が足りないので、あまり撮ったことない部屋ですね。
d0017039_0475060.jpg
東側の立面。南側と北側で軒の出が異なっています。なので、影が三角になります。
d0017039_049346.jpg
縁側と列柱。デッキのない軒下には農作業グッズなどが置かれています。
d0017039_10245423.jpg
リビングの間接照明。少し大きくした窓枠の上に、ファイブエコという、ホームセンターで売ってるスリム蛍光灯を乗っけただけの納まりですが、影が出ずに、きれいに光ってます。

またしてもいろいろご馳走になっていまいました。Kさんご夫妻、さとしさん、ありがとうございました。
by iplusi | 2011-01-22 21:43 | 平塚K邸 | Comments(2)
お客様の声
平塚K邸さとしさんが、文章を書いてくださったので、写真をつけてホームページにまとめてみました。ご覧下さい。

http://www8.plala.or.jp/yutaka-i/sumaitenokoe1.htm
by iplusi | 2010-08-28 18:48 | 平塚K邸 | Comments(6)
平塚K邸 竣工後プチ見学会
平塚K邸、稼動中のお施主のみなさんと一緒に、竣工後の様子を見学させていただきました。
d0017039_12331.jpg
敷地境界沿いにはドウダンツツジの生垣が植えられ、周囲の植物と渾然一体になってます。
d0017039_1301474.jpg
内部にもいたるところに植物が。緑に囲まれた生活ですね。ちなみにベンチに座ってるのはK夫妻じゃなくて魔女の家夫妻です。
d0017039_117463.jpg
階段の1段目には、奥様お友達が活けたというお華が。合板の壁がよい背景になっています。
d0017039_112019.jpg
さとしさんの部屋の、快適そうな窓辺。勾配のつけられる机の脚はイケアだそうです。
d0017039_1222221.jpg
ペレットストーブの実演までしていただきました。火の粉がきれいですね。夏にストーブを付け、ビールを飲むという贅沢(笑)。
Kご夫妻、さとしさん、いろいろお気遣いいただき、本当にありがとうございました。
by iplusi | 2010-07-13 01:02 | 平塚K邸 | Comments(2)
特注ダイニングテーブル@平塚K邸
平塚K邸のダイニングテーブルの写真いただきました。
d0017039_2327281.jpg
天板はタモの1枚板。750*1820*厚60。階段や八角柱とお揃いですね。木表側が上ですから、何もしないと凹型に反るので、裏(引っ張り側)に、そり止めのスチールアングルが取り付けられています。
d0017039_01455100.jpg
裏面の状態。アングルで反りをとめるという野蛮な方法ですが、フランジの厚み分を埋め込んだ細かい細工。家具屋さんならもっと手間暇かけて、吸い付き桟とかでやるんでしょうが、面から出っぱっちゃうし、コストパフォーマンスも悪いので、お客さん的にはこれで十分という感じじゃないでしょうか。
d0017039_2328313.jpg
75角の脚は締結金具で天板に固定されています。デザインは金子さん。製作は石倉棟梁。塗装は施主塗装です。天板はちょっと穴が開いてるということで安くなってた掘り出し物ということもあり、市価の半分くらいでできてる感じでしょうか。青木さんで施工するみなさん、頼んでみてはいかがでしょうか。
by iplusi | 2010-06-09 23:31 | 平塚K邸 | Comments(5)
平塚K邸 スロープとフウチソウ
d0017039_1402782.jpg
平塚K邸のスロープです。平行四辺形の平面で、建物にナナメにつっこんでいます。低い方の屋根は台形の平面。軒の出は15cm~60cmで、南行くほど広がっています。平屋部分と2階部分には、逆勾配の片流れ屋根を架けています。

そんなこんなで、玄関方向からみると、どこが直交してるのか、よくわからない感じに見えますね。
by iplusi | 2009-12-11 01:37 | 平塚K邸 | Comments(3)