カテゴリ:その他いろいろ( 457 )
建築知識11月号「飯塚豊から見た最高の住宅工事」
d0017039_10550674.jpg
監修者として参加した、建築知識2017年11月号「飯塚豊から見た住宅工事」10/20本日発売されました。表紙からもタイトルからも中身が想像できませんが、内容は「木造住宅の住宅の現場監理特集」です。タイトルに私の名前が入っているのは「意匠設計者が行うべき監理」という意味合い。

設計事務所・工務店が行う現場監理の難しさは、品質だけでなく、意匠も見なくてはいけないというところにあります。建築知識は過去4回以上現場監理特集があったそうなのですが、ほぼ「現場では何を見るか」、つまり品質監理に終始していたので、今回は、プレカットチェック、サッシ発注、電気プロット図の作成など、現場チェックより遥かに時間のかかる、かつ、現場チェックと同じくらい重要な、水面下の事務所作業にもスポットを当てる構成にして頂きました。この新規に追加した意匠監理の部分は全くの書き下ろしです。構造金物の選び方のページは引張耐力や製品名まで記載するなど、明日の現場ですぐ使えるようになっています。

もちろん、メインの現場チェックの部分もイラスト、写真入りオールカラーで大充実。実際の現場では何を確認するか、不具合があったときにどうするかについても、できるだけ詳しく書きました。編集部が相羽建設さん他、いくつかの優良工務店・設計事務所で取材した内容も反映。誌面全体が「使える」チェックリストになっております。工程表もついていますから、新人でも「いつ」「何を」やるべきかがわかります。
d0017039_10550872.jpg
最初の見開きはこんな感じ。監理者がまず入手すべき3つの基準書を書きました。特に瑕疵保険法人の基準書読まずに監理するのは不可能ですが、新人はそんなことわかりませんからね。本文では、瑕疵保険法人基準書にある推奨納まりやフラット仕様書の推奨おさまりは積極的に反映(瑕疵保険の基準書やフラットの仕様書は「遵守しなければならない内容」と「推奨内容」が分けて書かれています。)、現在の建築現場で怪しげな施工がされているグレイゾーンの部分は、基準以上の書き方をしています。その方法はすべて私の事務所で普段やってるとおりの内容なので、やり過ぎは殆ど無いと思います。

ただ、この本通りの監理をするなら、「工事が3つの基準書によること」と、「3つの基準書で触れられていないこと」は設計図の特記仕様書に明記すべき、ということはここで補足しておきたいと思います。特記仕様書もなく工事を監理してる設計事務所・工務店はまずそこから対策考えないといけません。コンクリートの設計基準強度が決まらなければ、配合計画書のチェックも配筋検査もできませんからね。

ともあれ、事務所ワークはすべて書き下ろし、特集全80ページを熊澤と二人で3回チェック赤入れした渾身の作です。拙著「新米建築士の教科書」で書き足らなかった内容も全部入りましたから、新人教育には最適です。是非書店で手にとっていただければと思います。

by iplusi | 2017-10-20 12:00 | その他いろいろ | Comments(2)
グループ展のご案内
d0017039_15114429.jpg
9月あたまの、9/1(金)~9/3(日)、新宿の全労災ホール展示室にて、毎年恒例の絵のグループ展があります。
いろいろな大学の美術系サークルから集まったグループですが、今年は卒業27年目、よく続いてます。本職の絵描きはいないので、メンバーはほとんど、1年に一回この展覧会のときだけちゃんと絵を描くだけなんですが、こんだけ続けてると、みんな年々ちょっとづづはうまくなってる気がします。

今回、飯塚は普通サイズの人物画3点、ちょっと大きめサイズ(幅60cm☓高さ90cm)のコロッセオの絵を展示予定です。私が描いたコロッセオはグーグルマップでいろいろな角度から確認したら、華奢すぎということがわかったんですが、描いたのは鈴木恂先生も写真集「回KAIRO廊」の中で撮影されてるコロッセオの大トロ部分(スター・ウォーズのデス・スターと同じで、完結してないほうがカッコイイのです。)。絵としてはなかなか楽しげにできてるかなと思います。
d0017039_14595358.jpg
初日15時位までは荻窪の家の地鎮祭+契約があるのでおりませんが、その他の時間は終日在廊する予定です。大して忙しくないので、事務所に行くのは敷居がちょっと高いなあ・・・という家づくり相談の方も、お時間あれば是非お立ち寄りください。
d0017039_15114612.jpg

by iplusi | 2017-08-23 21:11 | その他いろいろ | Comments(0)
建築知識2017年8月号「木造住宅のすごい新常識」に複数案件掲載
d0017039_17153650.jpg
建築知識2017年8月号「なぜ、あなたの設計は「パッとしない」のか?木造住宅のすごい新常識」に複数案件掲載いただきました。
p46「幅広の階段をたまり場にする」で杉並U邸の大階段の詳細を、p58「アレンジ可能な可動棚の収納室」で世田谷M邸の収納詳細を、p68~69「屋根断熱で小屋裏を活用」で横浜S邸、町田K邸、新潟T邸の屋根詳細を、各々紹介いただいています。
一冊の特集としても、今回は結構読みどころ満載なので、ぜひご覧いただければと思います。

また、このブログでは紹介し忘れていましたが、2017年6月号「実力派建築家オススメ!ベストな組み合わせが分かる最強建材200」でも、横浜S邸の赤い織物クロス(p44)、中野M邸の紙の畳(p49)、常滑N邸の壁用貝殻塗料(p56)、松戸N邸の目地なしのキッチンタイル(p68)、横浜S邸のカラフルなトイレ壁面タイル(p74)、さいたまO邸の脱衣室クッションフロア(p85)、町田K邸の脱衣室フロアタイル(p86)、横浜S邸のサイルストーンのキッチンカウンター(p87)、狛江W邸のステンレスのキッチンカウンター(p88)などいろいろ紹介いただいているので、バックナンバーのある大型書店で併せてご覧いただければ幸いです。

by iplusi | 2017-07-24 17:48 | その他いろいろ | Comments(0)
朝川剛先生来所
d0017039_19354869.jpg
記事にするのがちょっと遅くなりましたが、今春、日建設計を退職し、今川憲英先生の後任として東京電機大学の准教授に就任された、構造家の朝川剛先生、来所。先生と書きましたが、朝川さんは母校武蔵高校バスケ部、2学年下の後輩なんで普段は呼び捨てです。
d0017039_19355518.jpg
朝川さんは、京都大学から日建設計に入社。日建時代は、ホキ美術館(上記写真はウィキペディアから拝借)や木材会館を担当した構造のエースでした。組織で培った安心安全の技術と、かっこよさを両方どりできるタイプの構造家ですし、中大規模の木造も得意とするようなので、今後は連携していきたいと思います。というか今を逃すと、偉くなりすぎて頼めない気がしますんで、笑。
by iplusi | 2017-06-12 19:42 | その他いろいろ | Comments(1)
雑誌「家を買Walker」に「間取りの方程式」紹介記事
d0017039_09520780.jpg
d0017039_09521720.jpg

有村架純ちゃんが表紙の家づくり入門雑誌「家を買Walker」。住まい本の紹介コーナーで「間取りの方程式」大きく取り上げていただきました。書店にてご覧いただければ幸いです。

家づくり雑誌の表紙を家でなく有名女優が飾るという、建築系本にとっては厳しい時代ということなのかもしれませんが、「新米建築士の教科書」もおかげさまで売れ行き好調です。「間取りの方程式」同様に引き続きよろしくお願いいたします。

by iplusi | 2017-06-05 10:16 | その他いろいろ | Comments(0)
i+i設計事務所 竣工写真のインデックス作成
もともと事務所の竣工写真は以前PICASAというサービスを利用して整理していたんですが、サービスが終了。フェイスブックのアルバムを一時的に利用していました。が、スマホやIPADで見ようとすると、いちいちフェイスブックのログイン画面がでて煩わしい上、必要な写真になかなか到達できないという問題がありました。

この問題を解決すべく、i+iのホームページ内にWORKSのページを新しくつくりました。リンクは下記ですが、ホームページのトップページからでも入れます。

プロジェクトごとの画像をgooglephotoのアルバムで保管。WORKSページにそのアルバムのリンクを張っておくというだけの超簡単なものです。この方法だと、高解像度画像をそのままアップしても容量を気にする必要はないし、画像を増減する、順番替える、文字のコメント書くなどが、場所を選ばず簡単にでき、なかなか便利です。

年代別のインデックスなので、フェイスブックより大分探しやすいと思います。クライアントのみなさま、弊事務所過去事例を見る時などに、ご活用ください。

d0017039_18492924.jpg


by iplusi | 2017-05-06 18:49 | その他いろいろ | Comments(0)
「新米建築士の教科書」増刷決定!
d0017039_17385639.jpg3/21発売された拙著「新米建築士の教科書」、発売後約一箇月で早くも増刷正式決定しました。第1刷4000部、第2刷2000部で、計6000部となります。
3章(現地調査、法規チェック、資金計画)は不動産業界の方にもお薦めです。引き続きよろしくお願いいたします。

by iplusi | 2017-04-25 17:40 | その他いろいろ | Comments(0)
「新米建築士の教科書」建築エコノミスト森山高至さん書評と手描きポップ営業
建築エコノミスト森山さんから頂いた、新米建築士の教科書の書評です。短いけどうまみのエッセンスが凝縮されてます。フェイスブックから引用させていただきます。


d0017039_15105107.jpg
建築家の飯塚豊さん渾身の怒涛の筆致で世に送る「建築界のカタルシスプラン」。
十分な指導も受けられず実務経験を積めないまま一級建築士を演じなければならなくなった若手建築家へ救済の書。これ読んで仕事取れなきゃ、設計できなきゃ、工務店に舐められたら、設計士あきらめろ!という大変な親切本です。

実務経験豊富なベテラン建築士には自己のノウハウの整理と後進の指導にも使える便利な本だと思います。






でもって、森山師匠から、著者手描きポップもって書店回りせよ、という指令を頂いたので、先週日曜手描きポップ作成。途中から面白くなってイラストにごっちゃり文字情報書いたら、書店員さんのポップみたいになってしまいました、笑。でもなかなか楽しげですよね。
d0017039_19252687.jpg
手始めに紀伊国屋書店へ手描きポップ3枚納品。最重要拠点ということで今回は秀和システム担当の田代さん、紀伊国屋書店担当営業の谷内さん(書店ごとに担当の営業さんがいるんだそうです)と一緒に伺うことができたので、表紙イラスト飯能K邸の模型の展示用のスペースもいただきました。紀伊国屋書店、宮内さん、中西さんどうもありがとうございました。
d0017039_19212707.jpg
紀伊国屋書店本店4階レジ前の照明付き本棚に、模型といっしょに陳列してあります。
d0017039_03120368.jpg
埼玉方面は、今日づけでアイプラスアイの広報部長に就任した、川越の小泉さんが手書きポップ置いてきてくれました。紀伊国屋書店川越店。エスカレーター前の一等地ですね。
d0017039_03120364.jpg
ブックファースト川越店。ポップはさいたまO邸バージョン。
d0017039_03120376.jpg
おっと、これは別の本ですね、笑。このジュンク堂大宮高島屋店は新米建築士は売り切れとのことで、届き次第ポップ設置してくださるそうです。小泉さん、各書店の皆様、ありがとうございます。

by iplusi | 2017-04-12 19:33 | その他いろいろ | Comments(3)
「新米建築士の教科書」書評 byエコ住宅の伝道師 松尾和也さん
d0017039_15105107.jpg年間何十ものセミナーをこなす、エコ住宅の伝道師、松尾和也さんが、「新米建築士の教科書」の書評書いてくださいました。高速で回転する頭脳そのままの疾走感あふれる文章です。
松尾さん曰く「住宅関連会社に努めている新入社員から入社3年目くらいの人にとっては、これを読んでいるかいないかで今後の伸び方、及び仕事への取り組み方、スピードがまるで違ってくる」とのこと。
全文をFACEBOOKから引用させていただきます。ぜひご覧ください。




飯塚さんが新しい著書をわざわざ送って下さったのが
届きました。

渡欧中に届いていたのを昨日見て、昨晩中に読んでしまいました。
住宅設計人生一筋20年の私から見ると知らないことはほとんどありませんが、その20年で学んできたことをよくまあこれだけの厚さの中にコンパクトにしかもわかりやすくまとめたもんだと感心しました。

ご本人曰く「編集に二年かかった!!」そうですが、それも全くうなずけるものでした。
特に住宅関連会社に努めている新入社員から入社3年目くらいの人にとっては、これを読んでいるかいないかで今後の伸び方、及び仕事への取り組み方、スピードがまるで違ってくると思いました。
工務店の社長さん、及び設計部長さん、工事部長さんに特に聞いておいてほしいのは、上記にあてはまる人には全員必ず読ませたほうが皆さん自身、及び会社全体に大きな効果があるでしょうということです。

飯塚さんの事務所には私自身訪問しました。所員さんは5名いるかいないかで面積も10坪あるかないかのような典型的な住宅設計事務所です。
こういった事務所の場合、一般的にほとんどの業務が「習うより慣れろ」「仕事は盗むものだ!」ということでチェックリスト等はほとんどありません。(逆に住宅メーカーになると過剰なチェックリスト、帳票のあらし・・・)
しかし、アトリエ系の事務所ながらチェックリストがきちんとあって、しかも引渡し時の取扱説明書まできちんと掲載されてある・・・
かくいう松尾設計室は

・打ち合わせ時のチェックリスト
・プレカット図チェックのチェックリスト
・製本時のチェックリスト(過去のミスに基づいた400項目!!)
・現場監理チェックリスト

まだもう少しありますが、これだけ取り揃えています。
また取扱説明書に関しては冷暖房器具、加湿器、除湿機の使い方推奨設定温度、湿度、カビを生じさせにくい暮らし方。加湿器等の選び方、等々まで住宅メーカーの取説でも書いてないことまで書いてあってそれを引渡し時に説明しています。

これをやっているのは、住宅で押さえておかなければならない項目が多岐に渡りすぎている現実にあります。その中でいかにベテランで仕事がよくできる担当者といえど、チェックリストなしにもれなく仕事ができるということはありえない現実があるからです。(チェックリストがあっても漏れることは多々あります)
こういったチェックリストはその会社の「秘伝のタレ」のようなものであり、それをたった1800円で公開しているというのはちょっと安売りしすぎな感じもしないでもないです。住宅系フランチャイズならこのチェックリストを始めとする各種資料を得るためには加入金だけで300万~500万取られます・・・
別の言い方をするなら、自分で勉強する人には1800円で入手できることも、勉強しなかったりアンテナを張っていない人には500万円かかってしまうことがあるとも言えるでしょう。

この本を読んでいてもうひとつ思ったことがあります。
まず、今の住宅業界では分業が進み過ぎていること
特に住宅メーカーになると

営業マン
設計マン(ほぼ平面、立面を考えるだけ、契約に至る確率が非常に低いからとんでもない数のプランばかりをずっとやっている)
インテリア・コーディネーター
現場監督
本社勤務のCADオペレーター
外注の確認申請代願事務所
その商品を開発する開発担当者(外観、仕様等を決定する)

によって一軒の住宅が成り立っているという現実があります。
よって住宅メーカー勤務しかしたことがない人はこの本に書いてあることをトータルでやったことがある人は絶対にいません!!
この本に書いてあることを一通りできてこその一人前ですが、それをやれるのは小規模の住宅設計事務所しかないというのが実態です。
しかしながら、小規模の住宅設計事務所のほとんどは確認申請の下請け業務をやっているか、地元中堅ビルダー、工務店の実施図面を下請けで書いているという会社が大半を占めます。
また、アトリエ系と言われる設計事務所の場合は、大半が3名以下で構造、断熱、給料体系、勤務時間等で劣悪なところが多く、飯塚さんの会社のように、デザインセンスもあって、品質監理、構造、断熱まできちんと押さえている会社となると銀河系の中から生命がいる星を見つけるくらいの確率・・・とまで言うと言い過ぎかもしれませんが、それくらい確率は低くなります・・・

この本に書かれてあることがきちんとやれば、飯が食えない設計事務所も確実に食えるようになると思います。
しかしながら、この本の厚さで書ききれなかったところは「どうやったら仕事が取れるのか」というところ、特にネット戦略までは書かれてはいません。
あとは、許容応力度計算による耐震等級3と書かれていれば良かったなあとは思いました。

話が長くなりましたが、やる気や能力のある若者がきちんと一人前になるにはどこで修行するかということが本当に重要になってきます。意匠、断熱、構造、耐久性・・・これらはどれも必須項目ですが、これらをトータルで実務レベルで教えられる実務者向けの教育ツールもしくは機関をつくれないか・・・ちょっと前からそんなことを考えています。

by iplusi | 2017-04-11 15:12 | その他いろいろ | Comments(0)
「最もくわしい屋根・小屋組の図鑑」発売
エクスナレッジより、編集段階からご協力させていただいた「最もくわしい屋根・小屋組の図鑑」が発売されました。もともと各章の頭のページ書いていたのですが、書籍化に伴い巻頭のリード文も書かせていただいています。私にしては珍しくきれいな文章がかけたので、下記に全文を公開しちゃいます。
d0017039_22163734.jpg

宅のシルエットに個性を付与する最も重要な要素は屋根である。
ぜなら、壁面は部屋の輪郭をなぞるので、直方体の組み合わせにせざるを得ないが、屋根は様々な形状、角度、高さ、大きさの無数の可能性を、部屋の形状や機能に縛られず選択できるからだ。その土地の気候風土を色濃く反映した、世界各地の伝統的民家の多様性を考えてみれば、「屋根が個性をつくる」ということは疑いようがない事実だろう。

  軒の出や軒の高さのちょっとしたシルエットの違いで建築の格好よさは大きく変わる。また、屋根の形状次第で、建築のなかの空間も大きく変わる。このように、屋根は意匠と空間を同時に決定づけるものので、本来、真っ先にデザインすべき対象であるはずだ。

 ところが 、実際の家づくりの現場では、間取りパズルの後で屋根の形を決めることが一般的である。そのように設計すると、間違いなく下部構造と屋根はちぐはぐになるのだが、木造軸組工法も枠組壁工法も、間取りと一切無関係に屋根を架けられるら、屋根の検討はいつも後回しになる。

 広いおでこの上にちょこんと似合わない子が載ったような奇妙なプロポーション、や谷がやたらに多い雨漏りしやすそうな雑な形状、法規制をなぞっただけの勾配……街中で見かけるそんな家は、おそらく全部、後づけで屋根を考えるという、おかしな方法で設計されている。

 構造、止水、断熱、通気、法規など要求される性能や規制も多いので、クライアントが自力で屋根形状考えることは難しい。だから、 敷地状況、空間性、コスト等をにらんで、屋根形状の「最適解」を提案するのは意匠設計者の重要な役割だ。屋根を決めれば架構が自ずと想定できる。|

 たとえば30~40坪程度の「切妻屋根」ら、棟木の下に大黒柱を1~2本通すかちが構造的には最も素直だ。間取りは屋を支えるその柱を意識しながら描けば無がない。そうすれば耐震性も向上するし、屋根なりの空間を見せることも簡単にできる。

 どんな形の屋根でも、ひとたび形状を決定すば、無理のない架構システムや空間の使い方が暗示される。そんな「屋根の声」を聴くことが、いい建築をつくるための第一歩だ。 

 まず、屋根を考えよう。間取り
を考えるのはその後だ。


by iplusi | 2017-03-31 22:18 | その他いろいろ | Comments(2)