カテゴリ:国分寺I邸( 44 )
ホームシアター
d0017039_2091584.jpg残工事の確認などで、久しぶりに国分寺I邸へ。
写真はホームシアターの試写風景。日中でも、かなりきちんと遮光ができるので、ルナファーザーの壁面に映写しても、映像の明瞭度は十分。スクリーン設置しなくても大丈夫かな、という感じでした。前3個、後ろ2個のサラウンドシステムのスピーカーで、(+ウーハーかな?)音も完璧。ほぼ映画館並みの上映環境になってました。
by iplusi | 2008-03-22 20:23 | 国分寺I邸 | Comments(0)
黒の効果
d0017039_1939458.jpg国分寺I邸、今日の現場。

車が入るので、かなり広い範囲にコンクリート打っていますが、一面グレイでは殺風景なので、子世帯アプローチと親世帯スロープをつなぐように黒タイルのゾーンを設定。

見本ではちょっと色が強いかなと思った黒タイルも、貼ってみるとコンクリートとのコントラストがちょうどいい感じ。そういえば、事務所の前の美術館もコンクリートと黒い石のツートン。下の記事の写真も窓の黒で打ち放しが生きていますね。
by iplusi | 2008-01-19 19:39 | 国分寺I邸 | Comments(1)
国分寺I邸引き渡し
d0017039_22403065.jpg先週土曜日は国分寺I邸の引き渡しでした。外構などの整備ががまだ残っていますが、とりあえず引っ越しはできそうです。

写真は子世帯の土間部分。一階の南という一等地に位置する上に、非住宅用全開口サッシがついているという、この住宅の中で最も贅沢なスペースです。

壁は世界初、ダイライトの裏面素地仕上げ。天井は硬質木片セメント板、床はモルタル+セラミキュアというかなりワイルドな仕上材が使われています。
by iplusi | 2007-12-09 22:40 | 国分寺I邸 | Comments(0)
西国分寺I邸 高窓の威力
d0017039_17211589.jpg
写真は昼前の親世帯居間の様子。高窓+スキップフロアのおかげで、家の奥まで陽が入っています。
by iplusi | 2007-12-03 17:21 | 国分寺I邸 | Comments(0)
間接照明
d0017039_19463056.jpg受電が完了し、照明がつきました。子世帯居間は3種の照明設備が特徴です。
プロジェクタースクリーン受けの上部はちょっと高級なシームレスライン蛍光灯の間接照明。蛍光灯ですが調光も可能なタイプ。壁から距離があるので、なかなかうまく光っています。小さい器具なので、スキップフロアの上段からのぞいても姿は見えません。
梁の横には、天井や床を照らす配線ダクト付けスポット照明、カウンター上はピンスポット型ダウンライト照明がついてます。
by iplusi | 2007-11-29 19:46 | 国分寺I邸 | Comments(0)
国分寺I邸 竣工
d0017039_20514098.jpg

by iplusi | 2007-11-28 03:28 | 国分寺I邸 | Comments(0)
黒髪理論の実践
d0017039_22255811.jpg子世帯のキッチンまわりには、建主さんが大いに悩んだダークグレイの壁紙が貼られ、落ち着いた雰囲気になってきました。階段前の家具の背板も、同じ色にしたのは正解でしたね。空間に黒い要素があると目が落ち着くというのは、私の持論
床はパインで見積もっていましたが、現場でミハマ通商のナラ無垢に変更。北側の壁には窓下に家具を追加。窓まわりがすっきりしました。その他もろもろ、基準法の改正にひるむことなく、アドリブでいろいろ変更しています。
by iplusi | 2007-11-10 22:25 | 国分寺I邸 | Comments(3)
仕上げ工事大詰め
d0017039_1558128.jpg仕上げ工事がどんどん進む国分寺I邸。写真は子世帯のLDK。鳥瞰的に眺めると、どうも写真がミニチュアっぽくなりますが、結構大きな空間です。

来る12/1の土曜日、建主様のご厚意により、見学会を開催できることになりましたので、実物大で体験いただければと思います。
by iplusi | 2007-11-06 16:02 | 国分寺I邸 | Comments(0)
強化ガラス屋根
d0017039_211977.jpg国分寺I邸、OMの強化ガラスがのりました。
冬期は屋根下の熱気を外付けのダクトで集め、ファンやダクトを介して床下に送ります。ガラスの幅は夏も冬も問題ないように、シミュレーションで決めました。
by iplusi | 2007-11-03 21:01 | 国分寺I邸 | Comments(0)
2世帯住宅の外観
d0017039_22253055.jpg
現時点の国分寺I邸外観。
手前の木内壁のある大開口は子世帯、奥の大開口は親世帯です。今のところ、シンメトリーに威張ってますが、木の目隠し付きバルコニーが左右異った高さに設置されると、対称性は弱まって、少しかわいらしくなる?と思います。
by iplusi | 2007-10-21 22:23 | 国分寺I邸 | Comments(0)