LIVESvol.93「自分サイズの家」読み物記事「身の丈家づくり塾」
d0017039_14292160.jpg
雑誌LIVESvol.93「自分サイズの家」(第一プログレス)、後半の読み物記事、「身の丈家づくり塾」に全面協力。といっても、私は各種資料をお渡ししつつ、インタビューを受けただけですが、編集の池田さんと「小さな家で楽しむスタイルのある暮らし」や「マイホームプラス」などで過去に何度もお世話になっている松川絵里さんが、6ページの誌面にきちんとまとめてくださいました。全国の書店にて絶賛発売中。お手に取っていただけると幸いです。

# by iplusi | 2017-05-24 14:55 | Comments(0)
妙蓮寺T邸01案
d0017039_14243515.jpg
新しいお仕事、妙蓮寺T邸。北斜面、崖上の建築です。古い擁壁に囲まれているので、その処理が最重要課題。
01案は南に背の高い隣家が立つ北斜面の立地を考慮して、ハイサイドライトや2階窓から吹き抜けに光を落とす、切妻型の住宅をご提案。眺めのいい北東側には、特徴的な窓をとりました。
d0017039_15330051.jpg
ちなみに、T家ご主人は超大手設計事務所勤務で、奥様も超大手ゼネコン設計部出身。つまりお二人ともバリバリの本職。アイプラスアイ責任重大です。前回の打ち合わせではトレぺあてて、そのままマジック書きするという同業者ならではの方法で打ち合わせしました。

# by iplusi | 2017-05-23 15:57 | 妙蓮寺T邸 | Comments(0)
横浜M邸地鎮祭
今日は横浜M邸、地鎮祭でした。横浜M邸の敷地は市街化調整区域、前面道路は私道かつ43条但し書き道路ということで、申請の難易度高いものの、日当たりの良い70坪オーバーの真四角、平坦な整形地です。敷地が広いので、家の方もアイプラスアイとしてはやや大きめの44坪。ロフトや吹き抜け含めれば、実質50坪くらいのゆったりした家になります。個人宅では過去最大です。
d0017039_22005085.jpg
手前の汚水枡が高くて邪魔ですので、頂部切り飛ばすことを検討します。
d0017039_22005362.jpg
プロパン併用の地区で、都市ガスは宅内に引いてありませんが、引き込みも可能なことは調査済みです。水道は13mmメーターが付いていますが、引込管は20mmなので、メーターを交换するだけでOK。これも予定通り。電気は施工担当するトシデン高橋さんがたまたま電気の調査で来ていたので、引き込み位置を相談。梁あらわしなので水回り上部天井のあるゾーンに幹線が通るよう、引き込み位置を変更することにしました。
d0017039_22005571.jpg
境界杭は四隅に設置されており問題なし。縄張りで建物位置を確認。エアコン室外機の設置法が課題ですが、まあなんとかなりそうです。
川が近く地盤は良くないので、鋼管杭の打設から工事スタートとなります。青木工務店の監督は町田K邸に続いて藤原君、棟梁はまたまた狩野さん、アイプラスアイ担当は熊沢で、年内ギリギリに完成予定です。

# by iplusi | 2017-05-16 22:18 | 横浜M邸 | Comments(0)
稲毛S邸04案
d0017039_18462996.jpg
稲毛S邸04案。西側の妻面は切妻中央を欠き取り、キューブをはめ込んだような構成。1階は庇の下に1間半間口の掃き出しを二つ並べました。形は良くまとまってますが、窓が大きすぎて物が置きにくいということで、間取り含めて再検討の予定です。
d0017039_18464921.jpg
2階のインテリア。入れ子された空中の家型ランタンから3方向に光を導入する形です。Sさんは2階のテラスの広さを優先させたいということで、ランタン作戦も再検討します。

# by iplusi | 2017-05-15 18:57 | 稲毛S邸 | Comments(0)
三宿N邸地鎮祭+工事契約
d0017039_21170056.jpg
今日は三宿N邸地鎮祭+近隣挨拶+青木工務店との工事契約でした。神主さんはNさんの手配で近所の松陰神社の方がいらしたんですが、青木さん実は10年前に松陰神社の神楽殿をつくったそう。

現場、越境特に問題なし。隣地境界部、1.2m越えのブロック塀撤去済み。基礎がらみの配管の処理お施主さんへ説明。南側一部低かった以外は地盤レベルはほぼ想定通り。地盤は南側の一部を表層改良する形で、セカンドオピニオン会社の保証を使います。
準耐火建築だけど、外壁は一部杉板張りの予定。認定取ったばかりのJBN仕様(青木さんのブログ参照)で、薬剤処理なしの普通の杉板を利用します。

青木さんの監督は斉藤さん、棟梁は村木さん、アイプラスアイは中根で現場進め、11月末引き渡し予定です。Nさん、工事関係者のみなさま、よろしくお願いいたします。


# by iplusi | 2017-05-09 21:31 | 三宿N邸 | Comments(0)
i+i設計事務所 竣工写真のインデックス作成
もともと事務所の竣工写真は以前PICASAというサービスを利用して整理していたんですが、サービスが終了。フェイスブックのアルバムを一時的に利用していました。が、スマホやIPADで見ようとすると、いちいちフェイスブックのログイン画面がでて煩わしい上、必要な写真になかなか到達できないという問題がありました。

この問題を解決すべく、i+iのホームページ内にWORKSのページを新しくつくりました。リンクは下記ですが、ホームページのトップページからでも入れます。

プロジェクトごとの画像をgooglephotoのアルバムで保管。WORKSページにそのアルバムのリンクを張っておくというだけの超簡単なものです。この方法だと、高解像度画像をそのままアップしても容量を気にする必要はないし、画像を増減する、順番替える、文字のコメント書くなどが、場所を選ばず簡単にでき、なかなか便利です。

年代別のインデックスなので、フェイスブックより大分探しやすいと思います。クライアントのみなさま、弊事務所過去事例を見る時などに、ご活用ください。

d0017039_18492924.jpg


# by iplusi | 2017-05-06 18:49 | その他いろいろ | Comments(0)
さいたまO邸その後
d0017039_17044103.jpg
竣工後約1年半。連休中日の本日、さいたまO邸伺いました。角のエリアには株立ちのアオダモなどが植わり、さわやかな感じになっています。青空とシングルパネルの外壁がよく合いますね。
d0017039_17044253.jpg
リビングダイニングは2階。切妻の中央にロフトが浮かぶ構成で、ダイニングは勾配天井なりの空間になっています。通り側の大窓は横型ブラインドで下からの視線を遮っています。
d0017039_17044279.jpg
冬場は一番温かいロフトで寝ていたそうです。大窓沿いはアイプラスアイの定番、ちょうど座れる高さの内向きベンチ。
d0017039_17044240.jpg
ヘリンボーンの床が特徴であるご主人の書斎は、何度もレイアウト変更して現在の形に落ち着きました。oさん、連休中朝早くから、ありがとうございました。
# by iplusi | 2017-05-02 17:18 | さいたまO邸 | Comments(0)
オガスタコラボ新潟T邸竣工写真
d0017039_10430962.jpg
オガスタコラボ新潟市T邸 グーグルフォトに写真アップしたので是非ご覧ください。
https://goo.gl/photos/RSqWmTTEPEVNedf68
間接照明は調光できるので、もう少し暗くするべきでしたが、新潟出張時の一発撮りでもこんな感じなんで、被写体がいいんだと思います。

# by iplusi | 2017-05-01 10:49 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
多摩NK邸 現場進捗状況
d0017039_18460064.jpg
多摩NK邸は外回りが大詰め、内部はフローリング張りが始まったところです。これは、2階南のセカンドリビング部分。窓際の天井高2M。サッシはH=1500の片引き(特注サイズ)。方立の内側に90角の構造柱を立てただけのシンプルおさまりですが、昔の住宅のようなスケール感が、とても好ましいです。
d0017039_18460037.jpg
既製の換気棟は、端端ではなく、最後のハゼまでとしていただいたので、小口はすっきり納まっています。
d0017039_18460176.jpg
ハイサイドの屋根も破風なしですっきりおさめていただきました。壁取り合い部は雨仕舞むずかしいので(板金出隅部は八千代折できないため弱点になりやすい)、小さめの雨押えをまわして逃げてますが、意匠的には全然気になりません。サッシ下は棟と同様に、既製の通気部材で通気確保しています。
d0017039_18473193.jpg
ハイサイドから吹き抜けに、うまく光が落ちていますね。
d0017039_18460107.jpg
1階リビングは欄間サッシが建物間口いっぱいについています。横強調のデザインなので、サッシの横部分は木を張らず、ガルバの平板にしています。木とガルバは出隅切り替えでシャープに。
d0017039_18455989.jpg
リビング室内側の景色はこんな感じ。欄間サッシが端から端でも、幅1間たすき掛けのコボットが2か所入っていますから、壁量は十分です。


# by iplusi | 2017-04-28 19:09 | 多摩NK邸 | Comments(0)
「新米建築士の教科書」増刷決定!
d0017039_17385639.jpg3/21発売された拙著「新米建築士の教科書」、発売後約一箇月で早くも増刷正式決定しました。第1刷4000部、第2刷2000部で、計6000部となります。
3章(現地調査、法規チェック、資金計画)は不動産業界の方にもお薦めです。引き続きよろしくお願いいたします。

# by iplusi | 2017-04-25 17:40 | その他いろいろ | Comments(0)