大田F邸の外観 ビフォーアフター
d0017039_14274796.jpg太田F邸、大工工事が終了。足場もとれました。

太田F邸は基礎、柱梁、屋根を残し、外壁サッシまで交換するスケルトンリフォームです。リビングを2階に持っていき、水回りもすべて交換。耐震補強や断熱強化など、基本性能も充実させている、新築そっくりさんです。

道路側の外観は、下の写真がビフォーの状態。出窓やタイル貼りで厚化粧しているのに、各々のパーツのバランスがおかしいため、福笑い状態になっていたわけです。
d0017039_14292827.jpgそんな、のっぺりとした外観を改善すべく、2階部分を25cmほどふかして上下階をきちんと分節。ピロティ感を強調した彫りの深い表情に。この一撃で微妙な軒の出もなくなり、タニタの角形の軒樋の取り付き方や、窓と樋の関係も非常にシャープで、上部の屋根の生々しさが消えてますね。とってつけたような半端なデザインの玄関庇は落とし、スチール製のものに交換しました。

ゴールデンウィークの最後、5/5or5/6あたりにオープンハウスの予定です。
by iplusi | 2009-04-19 14:28 | 大田F邸 | Comments(2)
Commented by kkkagami at 2009-04-24 20:24
久しぶりにブログ拝見しました。カガミ建築計画の各務です。中野のK邸リフォームの時はお世話になりました。ホームページでも紹介しているので、時間がある時にどうぞご覧ください。http://www.kagami-reform.com/nakano_k.html
大田区F邸、大掛かりなリフォームですね。とても興味がありますので、タイミングが合えば、オープンハウスに伺わせてください。
Commented by いいづか at 2009-04-25 15:25 x
カガミ君ご無沙汰です。K島君のリフォームいいかんじですね。OB会は来るのかな?オープンハウスのご案内はお送りします。
<< 固定資産税の計算 コーナーのサッシ >>