i+i 設計事務所 スタッフ募集のお知らせ  (建築求人情報2016.04.01更新)
募集概要  

・スタッフ、アルバイト、オープンデスクを募集します。
・若干名。
              
対象者   

・実務経験、性別、問いません。比較的若い方。
・スタッフ=建築系大学、建築系専門学校卒業(見込)の方
・オープンデスク=建築系大学生、建築系専門学校生
・当事務所の仕事に共感いただける方。
・建築・家づくりが大好きな方。
・探究心・好奇心が旺盛な方。
・責任を持って、仕事をやり遂げられる方。
・建築主さんと楽しく会話することができる明るい方。

事務所の特徴

・現在はスタッフ2名、アルバイト1名、オープンデスク1名が
 働いています。
・当事務所は、木造住宅を得意とする設計事務所です。木構造、
 各種構法、高気密高断熱、省エネ、コストコントロール、現
 場監理といった技術分野も得意としています。
・その他の特徴は事務所HPの「よくある質問」にまとまってい
 ます。
・過去の設計監理事例はこちら。約50軒の実績があります。
・雑誌掲載履歴はこちら
・代表者の技術に関する知識の一部は、こちらをご覧下さい。
・代表者の好きな建築物はこちら

メリット

・デザインのみならず、普段の仕事の中で建築の技術をすべて
 を学べるので、近い将来独立したいと考えている方に向いて
 います。
・2016年4月現在は、6軒の設計と、3軒の現場が動いていま
 す。短期間に沢山の住宅の設計および監理に携わることが
 可能です。  
・代表の飯塚は、法政大学でも木造住宅を教えており、当事務
 所は設計の基礎や考え方を体系的に身につけるのに最適な事
 務所のひとつであると自負しております。
・事務所開設以来、95%はWEBからのお客様です。独立後
 一番問題となるのは集客ですが、その営業術も学べます。
・施工をお願いする工務店はすべて優秀な会社です。よいコネク
 ションをつくれます。
・過去のスタッフのうち2名が独立し、自分の事務所を開設して
 います。  
・著書「間取りの方程式」に続き、現在設計事務所新人スタッ
 フ向けの本を執筆中です。これからの半年は、技術を身に付
 ける最大のチャンスです。

待遇 

・給与はお問い合わせください。
・4大出無資格新卒で17万から。経験考慮。
・雇用保険、労災保険あり
・建築士有資格者は、手当あります。2級以上1万円。
・昇給:年1回。
・勤務時間、朝10時から。夜21時以降は原則仕事しません。
・スタッフは土日祭日原則休み(お客様打ち合わせ時のぞく)。
・休暇、年末年始、夏季、その他
・昼食・夜食、材料費支給(まかない形式でスタッフが作っ
 ています)

仕事内容

・スタッフ、:建築・家づくりに関する一通りの作業
・アルバイト:模型制作、基本設計補助
・オープンデスク:将来役立つ作業
          
ご連絡   

・採用希望者は電話またはメールでご連絡下さい。
・上記連絡後、郵送またはメールにて履歴書及びポートフォリオ
 をお送りください(スタッフ採用希望者のみ)。
・面接には上記のほか、学校の課題、過去の実務、スケッチブック
 などを適宜お持ち下さい。
・採用時は、2週間程度の研修期間(有給アルバイト扱い)を経て
 本採用となります。
・なお、条件に合う方が決まり次第、この募集は締め切ります。
   
連絡先   

・アイプラスアイ設計事務所 代表 飯塚 豊
・E-mail: yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp

by iplusi | 2016-04-01 17:03 | その他いろいろ | Comments(2)
Commented by 森山高至 at 2013-06-12 01:56 x
おおおーっ、キタね。ついに次のビッグウェーブが!俺も飯塚先生の事務所はおススメするよ。特に大手に数年勤めてた人とかが、独立前に2~3年飯塚先生のとこに行っとくとイイと思います。もしくは海外に行ってて日本に戻って独立したい人にもおススメですね。
Commented by 飯塚 at 2013-06-17 11:38 x
組織事務所や憧れのアトリエ事務所に行っても、模型と雑用じゃ、何年いたって一人前になれませんし、建築家として独立は到底無理ですもんね。

うちの事務所は小さいがゆえに、通常の家づくりを通して、全てに関われるし、レーモンド→前川さん→大高さんと、連綿と続くテクニカルアプローチを実践してますから、基本がすべて身につき、まじめに2年やると、だいたい自分でやれるようになると思ってます。そうやって人を育てて、将来ネットワークを作るというのが、私の目標のひとつです。

求人にも波があるんで、チャンスだと思うんですけどね。
<< 飯能K邸 スケッチアップ+手描... オガスタ二新潟コラボ 第1回プレゼン >>