多摩方面2邸探訪
本日は、現在設計中の、平塚Kさん、白井Tさん向け、多摩方面2邸のプチ見学会でした。光の入り方、スケール感、素材感、使い勝手の善し悪し、経年変化などが確認できる、いいチャンスです。
d0017039_22442180.jpg
こちらは竣工後約2年の多摩N邸。ほぼ竣工写真状態の驚異的に綺麗な室内。

d0017039_23323752.jpg
外構樹木も非常にいい感じです。内外共に大人っぽく、まとまっていますね。
d0017039_2245097.jpg
こちらは竣工後約3年の川崎H邸。階段手すりはネットなしでも大丈夫だったようです。写真はホームシアター、サラウンドシステムを実演していただいた時の様子。階段が子供たちの特等席です。
d0017039_2342122.jpg
個室、水回り、収納など役物空間は全部右手のブロックに納めてしまっているので、何にでも自由に使える広々室内は竣工時のままですね。設計の時はベビーカーだったTくんも、もう幼稚園。月日が経つのは早いものですねえ。

多摩Nさん、川崎Hさん、今日はどうもありがとうございました。

by iplusi | 2008-10-05 22:57 | 多摩N邸 | Comments(2)
Commented by クルマトノイエ住人予定T at 2008-10-05 23:46 x
川崎H様、多摩N様、飯塚様。今日はどうもありがとうございました。
どちらのお宅も美しくカッコよかったです。
包み隠さず家中を見せて下さり、また楽しい家談義をして下さり、非常にありがたかったです。
今回の見学会のおかげでイメージが大分つかめて、我家の計画も現実感を増しました。
飯塚様、引き続きよろしくお願いいたします。
Commented by 平塚K邸 at 2008-10-06 01:48 x
飯塚さま。今日はありがとうございました。
家だけでなく、庭から景色に至るまで全てに気の配られた、本当に華のある住まいでした。
川崎H邸はその名の如く、斜め配置がとても活かされていて、隣近所の存在を忘れるくらい、気持ちよく景色が取り込まれていました。
このブログの多摩N邸の写真。この内部からの角度が1番見ごたえがありました。
建物は建物だけではなく、周囲の自然を少しでも取り込むと、ぐっとよくなりますね。
<< スタジオとしての住宅@杉並U邸 白井T邸 天井の検討 >>