平塚K邸基本設計案 
d0017039_20485684.jpg
1階屋根の勾配が、切妻から片流れになったことが08案からの、一番も大きな変更点。
d0017039_216335.jpg
キッチンは北向きのハイサイドライトで明るくなった。逆ウイングの納戸上にはロフトスペースをが確保できた。
by iplusi | 2008-09-24 20:47 | 平塚K邸 | Comments(2)
Commented by 平塚K邸 at 2008-09-26 01:08 x
この画像からは、北側からの明かりの入り方が良く分かりますね。これまでに見学させていただいた建物でも感じたのですが、北側ハイサイドライトの明るさは天井をなめるように入ってくるので、思わず背伸びしたくなるような気持ちよさや、木漏れ日のようなやさしさがありますね。
Commented by iplusi at 2008-10-10 01:53
北側ハイサイドと東ハイサイド(台形フィックス)の関係が納まり的にも難しそう(梁の高さが揃わない)なので、台形フィックスと、オーニングをやめて、北フィックス、東横スリット、テラスドアというつながりで表現することを検討中です。
<< ペレットストーブ 白井T邸04案 双頭構成検討中 >>