白井T邸04案 双頭構成検討中
d0017039_20254758.jpg
04案は03案の双頭の構成を踏襲。規模は予算をにらんで、35坪程度に縮小しつつ、形態を整えた案をつくってみる。頭の形は完全に揃えるとグロテスクだし、内部の機能とも対応しないので、高さだけを揃え、幅やサッシ割りなどは非対称にする。

d0017039_20262211.jpg屋根は、妻面が水平になるように、くの字ブロックの水勾配を変更。谷間の中庭部分は床をデッキとし、バルコニ、浴室、LD、寝室を中庭に対し積極的に開く。錦鯉用の池はデッキの前に配置。

浴室にはガレージからもアクセスできるように。同時に外部から、デッキ経由で浴室に入るルートも検討する。

スキップの構成は一部変更。くの字側は高い方のレベルとし、左右の違いを強調するとともに、下部の部屋の天井高を確保。

by iplusi | 2008-09-19 20:26 | 白井T邸 | Comments(0)
<< 平塚K邸基本設計案  平塚K邸の木外壁 >>