朝霞K邸 施主工事 抽斗
d0017039_1574044.jpg朝霞K邸、施主工事その2。施主お父さまによる、ベンチ下の引出取付け工事が完了。もともとワゴン形式の設計でしたが、プロの技を生かして引出しに。内部は場はシナランバーで軽量化。表面の鏡板は表情をあわせるために、榊住建が手配したタモ集成材を使っています。

LDK周辺は意外にモノが多いのですが、この引出と、アイランドカウンター裏の大収納があれば、相当なモノがしまえるはず。
d0017039_158716.jpgスキップフロアの段差部にも引き出しがつきました。ここは裏からも、横からも使えないから、蹴込板をふさいでしまうと、三角のデッドスペースができてしまうので、ここに収納を設けるのは、空間の使い方としては正解です。こちらの鏡板は、キッチンにあわせ、エボニー色で着色してあります。
by iplusi | 2008-09-14 02:03 | 朝霞K邸 | Comments(2)
Commented by 川崎H邸主人 at 2008-09-14 14:44 x
2年以上活用した体験ですが、収納物としては、トイレットペーパー、テッシュ、医薬品、取説、コドモの落書き用広告、カミさん所有品など。とても便利です。
Commented by いいづか at 2008-09-15 11:08 x
ベンチ状というのがミソですよね。棚状や机状のものだと、知らないうちに物が山積みとなってしまいますから。LDKまわりって、CD、ビデオ、文房具、料理本、新聞、ラジカセ、子供のおもちゃ、などなど本当に物が沢山あるんですよね。
<< カナダ報告16 製材所 朝霞K邸竣工写真 >>