調光器対応 電球型蛍光灯
d0017039_21562614.jpg今までは、「調光回路には電球型蛍光灯は使えない。100%点灯で状態で使うのも不可。」というのが定説だったのですが、最近は、調光器対応型の電球型蛍光灯というものが発売されてるようです。

例:ナショナルパルックボールスパイラル

値段は結構高いようですが、今までは、直管蛍光灯やサークラインを調光しようと思ったら、ビジュアル的に問題のある器具を使うか、箇所数万円する蛍光灯専用調光回路+専用器具で対応するかしかなかったわけですから、蛍光灯用の調光システムとしては、最もリーズナブルと言えるかもしれません。

ただし、リモコン式調光器は不可とか、断熱施工型のダウンライトは不可とか、いろいろ制限もあるようです。また、人様のブログを検索してみると、評判はよろしくありません。

で、現状では、「調光するなら白熱球。電球型蛍光灯なら、配線ダクト方式で、器具数で明るさを調整」、というのが結局良さそうです。全く進歩無しですが(笑)。
by iplusi | 2008-06-12 19:39 | その他いろいろ | Comments(1)
Commented by frruru at 2008-06-13 01:21
こんばんは。
よろこんで見に来ましたが。
残念。
でもわかって良かったです。
<< 杉並U邸の機織り機 平塚K邸02案 ハイサイドライ... >>