カナダ報告9 「ウィスラーの町並み その2」
d0017039_0265050.jpg
これも結構きてますね。どうしてこんな形になっているんでしょうか。隣の建物との間には、巨大なうだつ壁が立ち上がっています。
by iplusi | 2008-06-07 00:26 | その他いろいろ | Comments(5)
Commented by 川崎H邸主人 at 2008-06-07 22:49 x
「志賀高原スキー場」みたいですね(笑)

カナダって、行ったことないけど、やっぱりこんな風になっちゃうのでしょうか。

手前味噌ですが、自分が行ったことのある フランス シャモニーや、イタリア クールマイヨールは、日本のスキー場には無い「スキー以外での町巡り」がとても楽しかったです。
Commented by いいづか at 2008-06-08 20:11 x
ウィスラーは1960年以降に開発された非常に新しい町なので、ヨーロッパ的落ち着いた風情は全くありませんね。一方オリンピック景気に沸くバンクーバーには、高層のリゾートマンション風が林立していて、「越後湯沢みたい(笑)」と思いましたよ。
Commented by 野田英世 at 2008-06-09 14:20 x
いいづかさん、以前に浦和S邸のオープンハウスでお世話になりました、新潟県の野田英世と申します。その節はありがとうございました。私は日々元気に励んでおります。
越後湯沢は、その昔は落ち着いた街だったんですよ(笑)
Commented by いいづか at 2008-06-10 12:12 x
野田さん、オープンハウスの時は遠くからありがとうございました。次回、建築巡礼で東京に来るときは事務所の方にも寄ってください。ところで、ブログあるようですね。紹介しなくていいですか?

新潟は母方の田舎で、子供の頃は私も毎年夏休みの間はずっと柏崎に行って、トンボとったり、海水浴したりしたものですが、今や原発があるんですもんねえ。

Commented by 野田英世 at 2008-06-10 12:44 x
こんにちは。ご無沙汰しておりました。
私のブログの件はけっこうです。いいづかさんも新潟にご縁がおありだったんですね。
カナダ紀行は、そのうち建築知識の記事になるのでしょうか? このブログともども楽しみにしています。事務所にはいずれまた改めて立ち寄らせてください。
<< 光がまわる家 カナダ報告8 「ウィスラーの町... >>