朝霞K邸上棟
d0017039_12115885.jpg
生憎のお天気でしたが、本日、朝霞K邸無事上棟しました。
これが南側の立面。西に向かって2階部分が3/4間ほど跳ね出し、屋根は南東に向かって片持ちで跳ね出しているのが、形態的な特徴です。「箱っぽくしない」というのは、この住宅の当初からのテーマ

d0017039_21584020.jpg2階リビング型の住宅なので、1階は割と細々と部屋がありますが、2階に登るとすごくゆったりした印象。もっとも、テラス含みで考えると、天井高3m、約60㎡のワンルームですし、広々させるために、トイレもやめてしまいました(カツドウノイエ初)から、実際広いんですが。

2階跳ねだし部の中から北側を見ると、右写真の感じ。この部分、1200幅、2400Hのフィックス窓にする予定です。自分の外側が見えるこの窓はすごく効きそうな予感。将来北西方向には、公園の計画もあるので、緑が見えるかもしれません。

反対の北側から見ても、跳ね出し部は死角になっていて、奥行き感が出ています。壁が出来ると、上記、北側大窓から光が射し、光源の見えない光がさらに奥行き感を強調することになるはず。
d0017039_2159465.jpg
上棟後の打ち合わせで、ガルバ外壁、屋根の色決定。木外壁の範囲決定。電気コンセント、スイッチ位置ほぼ決定。サッシ寸法、色、開閉方式なども、いつもの一覧票で、ほぼ決定。木製の玄関ドアの寸法も決定。設備機器の種類などもあらかた決定。
ということで、Kさんの素早い決定で、この現場はディテールの整理に意識を集中できそうです。
by iplusi | 2008-04-26 21:59 | 朝霞K邸 | Comments(5)
Commented by frruru at 2008-04-27 16:52
こんにちは。
楽しみに過程見させて頂いています。
暖房設備はどのようにされるのでしょうか。
ガラス面が多くなるほど、冬の寒さ、夏の暑さ、
が気にかかるのですが。
ガラスは断熱遮音ガラスとか真空、等々いろいろありますが、
今回どのような物にされているのでしょうか。
又、お時間のある時にでも”良ければ”お教えください。

Commented by いいづか at 2008-04-30 01:07 x
関東地方の日当たりの良い高気密高断熱住宅は、夏期の日射遮蔽、冬季の日射取り込みがキチンとできれば、窓が多いことはむしろプラス方向に作用します。冷暖房はエアコンで足ります。それが一番安上がりですし、省エネなんじゃないでしょうかね。詳しくは「すみか」のsnakamさんのレポートなどみてください。
http://pub.ne.jp/snakam/?entry_id=929776
http://pub.ne.jp/snakam/?entry_id=507005
http://pub.ne.jp/snakam/?entry_id=772713
Commented by いいづか at 2008-04-30 01:08 x
冬期間のワンランク上の快適性を得ようとすれば、いろいろな暖房機がありますね。エアコン嫌いの方も多いですし。でも、床暖、輻射式温水暖房、FF式の暖房器具など、エネルギーを生のまま使う暖房機は、何を使ったところで省エネにはなりません。日当たりのいい家は、日中はオーバーヒート状態になるので、蓄熱系は合いません。屋根集熱などのパッシブソーラー系の仕組みや、エコウィルは省エネにはなってもイニシャルコストが高すぎます。だから、エアコン以外の暖房機は、ちょっとした満足感を得るためのもの、と割り切って贅沢するのがいいのかなと思います。どうせ、満足感のためのものだから、薪ストーブのようにビジュアル的にも楽しめ、生活がちょっとリッチになるモノの方がいいかも。
Commented by いいづか at 2008-04-30 01:09 x
ガラスは、真空ガラス、トリプルガラス、ヒートミラーなど上を見れば切りがないですが、2000万円台程度の住宅なら、アルミサッシ+複層ガラスの組み合わせが標準じゃないかと思います。私はいつも、できるだけ12mmの空気層を確保できるものを使っています。木製で、複層ガラスが入った、気密性の高いサッシは、普通の引き違いでも車が一台買えるくらい値段なので、木製サッシの場合はコスト的な理由で窓は小さくなり、日本の気候風土にはあまり似つかわしくない住宅ができます(例えばスウェーデンハウス)。
Commented by frruru at 2008-05-05 01:32
いいづか様
ありがとうございました!!日本の気候風土を考慮していない家では、
楽しい健康的な生活は出来ないですね。言い切りましたが、そう思います。
外国と同じ生活を日本では出来ませんね。寝室の横に据え置きバスタブをおくことはしないでしょうから。(笑)
<< 格子の間隔 葉山現場、着々と進行中 >>