電気打ち合わせ
d0017039_3383038.jpg葉山Y邸、電気屋さんとの打ち合わせ無事完了。今回はオフィス併用住宅ということで、回路の系統分け、プレート内のスイッチの配列、ルートロン、NKP、コスモの使い分けまで、細かく打ち合わせ。昼から夜までかかってしまいましたが、電気屋さんのレクチャーで色々勉強になりました。発見は、





・コスモシリーズの200Wまでの調光は一口分。
・一定時間経つと消灯するEEスイッチ。通称スマートEE。
・天井人感センサーの強制オンオフスイッチ(手動スイッチ。コスモタイプ)。
・スクエア型プレートのほこりのたまりやすさ

などなど。
by iplusi | 2008-04-13 03:38 | 葉山Y邸 | Comments(5)
Commented by frruru at 2008-04-13 13:33
こんにちは。
強制オンオフスイッチはつけるとオンにしたのかオフにしたのか判らなくなるというのですがーーだから人感センサーつけるなら強制スイッチはつけないほうがいいですよなんて、クライアントが年寄りだと思われたからなのかーー
納得するようなしないような。そんな人多いいのでしょうか??
わたしがつけるわけではありませんのでーー(笑)
Commented by iplusi at 2008-04-13 21:11
ちょうど、この打ち合わせの中でも、「ランプの交換があるから、センサー一体型器具でも電源スイッチは必要。松下の人感センサー付き器具は、壁スイッチで強制オフ後2秒以内にオンすると連続点灯(強制オン)する仕組み。この壁スイッチは普通の片切スイッチだから、照明が直接見えるところにスイッチがないと、ついてるんだか消えてるんだかわかりにくい」という話が出ました。

本文で書いたのは、センサーを天井や壁に別置する場合の手動スイッチで、「切」「自動」「点灯」の3つのモードを切り替えるものです。通常時は自動モード、お客さんが来るときは点灯モード、ランプ交換の時は切モードにしておけば、いいわけです。これなら、そんなに難しくはないですね。
Commented by 川崎H邸主人 at 2008-04-13 22:30 x
屋外照明の人感センサーによる点滅制御ができたら、とても便利だと思います。
Commented at 2008-04-14 16:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by iplusi at 2008-04-15 20:12
センサーなし器具(船舶照明など)の人感センサーによる点滅制御は技術的には、もちろん可能です。夜になるとほんのり点灯、人が来ると100%点灯となる「お出迎え調光点灯型」のセンサーもあります。が、玄関と階段がくっついいてるようなケースだと、複数のセンサーを設けないと不親切ですし、これから新規につけるのは電源の問題等があってちょっと難しいかもです。
<< NuVa試乗 投入堂は傾いてるんじゃないかと... >>