投入堂は傾いてるんじゃないかという疑惑
d0017039_2253319.jpg自分で撮った投入堂の写真。随分右に傾いてるなあ(3点透視の原理からすれば、画面中央の垂直線は垂直になるけど、画面左の垂直線は右に傾き、画面右の垂直線は左に傾くはず)と思って反時計回りに修正してみたんですが、グーグルやヤフーで画像検索してみると、みなさんの撮った写真、例えば、

・看板と建物が非平行
・画面中央の柱はまっすぐになるはず写真
・お隣さんとも非平行
・画面右でも右回転

などなどみると、ほぼ時計まわり方向に傾いてるじゃありませんか。もしかすると本当に建物が傾いてるんじゃないか。これは、意図的に傾けることで上下方向のパースを強調すること、あるいは、現世と異なった重力場を感じさせることで、浮遊感を生み出してるんじゃないか、という仮説を立ててみましたが、どうでしょう。
by iplusi | 2008-04-11 22:10 | その他いろいろ | Comments(2)
Commented by TOUGH FILMS at 2008-04-12 00:53 x
投入堂と葉山の家の写真、似てますね(笑)
人間の垂直、水平感覚って周りの風景に幻惑されるのと
広角レンズの収差も関係しているのでは?
Commented by iplusi at 2008-04-13 21:22
葉山の家の仮すじかいと、投入堂の斜材が特に似てますねえ。1階は外部にして、仮筋残しますか(笑)。
撮影位置も確か足場が悪いので、自然と山側に体が傾いて、写真が曲がる、という気もしますが、投入堂はホントにひしゃげてると考えた方が、ロマンがあっていいですよね。
<< 電気打ち合わせ 葉山Y邸上棟 >>