足場とれる
足場がとれて、白い箱の全貌が現れました。準耐火建築だということもあって、鼻隠し部分に少々ごつめの換気口(火事の時発泡するタイプ)入れて屋根通気とってますので、いつものカツドウノイエより軒先がややごつい印象。でも、屋根通気とってこんな感じでおさまれば、まあ十分でしょう。

南の大窓の側面は、ダイライトの上に不燃のレッドシダー張りで防火上は完璧。外壁はややグレイの入った白のガルバ波板を、止水ビスでとめてます。白い外壁の場合は特に、あんまりつるっとするとモダンになりすぎて表現として痛いので、ビスをみせるのは正解だったと思います。
d0017039_19630100.jpg

by iplusi | 2008-03-16 19:12 | 杉並U邸 | Comments(2)
Commented by 川崎H邸主人 at 2008-03-18 00:56 x
いいです。かっこいいです。

いいづかハウスは、外観から想定不可能な内部空間がとても楽しく、魅力的ですね。
Commented by iplusi at 2008-03-18 10:57
単純な外皮に囲まれた複雑な空間ということで、外観から予測不能な方が面白いと思うんですが、仲間からは「スキップであることを、外側から想像できるようなわかりやすさがないと、うけないんじゃないの?」とか言われています(笑)。ちなみに、この外観はH邸の南北裏返しバージョンです。
<< 珪藻土塗りは楽しい 葉山Y邸 配筋検査と菜の花 >>