エアコン室外機カバー
d0017039_23584418.jpg「室外機カバー」で検索してみたら色々出てきました。安い既製品で、こんなスッキリしたのもあるんですね。レッドシダー製もあったり。でも、このくらいの規模なら全くのDIYでいくべきかな?いずれにせよ、土の上に置く場合、シロアリには注意しましょう。

さて、元々こういう商品はCOP(最近はAPF=「通年エネルギー消費効率」という尺度を使うようになったようです)を極限まで追求している、エアコンメーカーの方から見れば、とんでもない代物。そういう機能的な要求が、中は見せたくないんだけど、効率は気にしたいという葛藤を生んで、このジャンルを面白くしてるわけですね。

調べた中で、一番関心したのはこの方コレ。多くのエアコンカバーが、エアコンのためにだけ存在する、文字通り「カバー」の域を出ないわけですが、この事例は、作業台の中に室外機が象眼され共生しており、わざとらしさがありませんね。
そもそも、見せなきゃいけないのはプロペラファンの口部分ですから、そこはキチンと開放してやってあとは塞ぐというのは、デザインの考え方としても正しいです。

こうなると黒い室外機が欲しくなるわけですが、見つかったのはダイキンUXシリーズのグレー色のみで、受注生産品でした(UXシリーズ室内機は、余計な横縞デザインがなくなって、発売当初よりデザインがよくなった様です。性能はもう一がんばりして欲しい)。
by iplusi | 2008-02-10 23:58 | その他いろいろ | Comments(3)
Commented by 鎌倉Y邸主人 at 2008-02-11 22:22 x
拙宅もガラリでエアコン室内機を隠蔽しているわけですが、そもそも、家電メーカーのデザイナーは、住宅雑誌などを見て、自分のデザインしたものが(多少の機能や効率のマイナスに目をつぶってでも)、ユーザーが人の目に触れないほど醜悪である、と考えている人が多いという現状を反省したほうがいいと思います。炊飯器も冷蔵庫も洗濯機も掃除機も、部屋に置いてかっこいいものなら、特別な収納など考えなくてもいいのではないでしょうか。
Commented by いいづか at 2008-02-15 00:39 x
全く仰るとおりです。そもそも、家電はデザイン不要の分野ですよね。高性能な無印良品があれば、それ以上はいらないですよね。それで長持ちでもしたら、家電はもう、売れなくなります(笑)。

でも、カバーというものを、「自分流のカスタマイズ」というふううにとらえれば、なんとなく、それでもいいような気もしますね。このカバーという、全く無駄な装飾は、ご主人、お化粧と同じで、一つの「文化」なわけですよ。
Commented by 川崎H邸主人 at 2008-02-16 15:20 x
すべてのモノが、カッコ良ければ、高価で強気なデザインモノの市場は淘汰されてしましますよね (それは、それで良いと思います)。

フェラーリよりスバルがカッコ良く性能も良かったら? 市場は?

デザイン家電の市場は、カッコ悪い家電との対比で市場が成り立っていると思います(他の人よりも、てな感じで)。

住宅も同じ。普通の家よりもこだわりの家を。普通の家があるから、「建築家」が存在しうる(ごめんなさい)。でもそこを高価ではなく適正価格に調整できる。 いいづかさんの旨みだと思います。



よく、できてます。
<< 9本の供試体 超高層マンションの壁 >>