朝霞K邸08案 キャンティレバーの表現
d0017039_164641.jpg朝霞K邸の08案模型。角地でありながら、どうも角部に華がない立面になっているのが気になったので、できるだけプランの構成や面積を変えないようにしながら、形状だけを少し見直しました。
2階の西は交差点に向かってはね出すように。2階の東はバルコニの袖壁をやめて、屋根を片持ちで表現しました。
これによって、東西の見通しや日照条件など機能面も改善。片持ち下部の雨にぬれない外部スペースは、内と外とをゆるやかに繋げます。
by iplusi | 2007-12-29 16:42 | 朝霞K邸 | Comments(0)
<< レゴの起震車 アントニン・レーモンドのチャペル >>