8月の建築着工統計調査/住宅着工統計調査
8月の住宅着工統計
http://www.mlit.go.jp/toukeijouhou/chojou/kencha.htm

・全建築物の着工床面積は、982万㎡、前年同月比 42.1%減
・新設住宅着工戸数は 63,076戸。 前年同月比 43.3%減
・首都圏マンション前年同月比71.7%
・首都圏 総戸数、前年同月比 51.8%減

基準法の改悪は各地で壊滅的な被害をもたらしている模様です。
構造別で見るとSRCの案件が前年比72.8%減、RCの案件が54.6%減と悲惨な数字です。
マンションは、青森、岩手、秋田、山形、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、三重、和歌山、鳥取、島根、山口、徳島、香川、愛媛、高知、熊本、宮崎、鹿児島の23県で着工数ゼロ。首都圏マンションも、埼玉91.0%減、千葉94.0%減、神奈川75.7%減などという、とんでもない数字が並びます。
4号建築物(木造2階建て)が沈静化に向かっても、マンションは当分だめでしょう。事業そのものが成り立たなくなるように思います。
by iplusi | 2007-09-28 18:29 | その他いろいろ | Comments(2)
Commented by むらかみ at 2007-10-01 12:39 x
はじめまして。いつも勉強させていただいております<(_ _)>

ほんと、基準法改正問題なんとかならないでしょうかね。
日経BPの動画で国交省の役人がヘラヘラと笑いながら言い訳してるのを聞くと絶望的な気分になってしまいます。。
Commented by いいづか at 2007-10-03 02:19 x
むらかみさん、はじめまして。大倒産時代到来ですね。建築webさんhttp://www.kentiku-web.com/がつくったSNSみると、いろいろわかります。よろしければご参加下さい。建築主のみなさんも是非。私の方からもご招待できますよ。
<< L字階段 区役所からの通知 >>