四方八方の窓
d0017039_2211890.jpgこれが引っ越し先の団地のリビング。ちらかっていてすいません。東向きです。
旧団地は南側に3室ある2LDKでしたが、引っ越し先は、東南西3面が外に面するにも関わらず、南向きの部屋は1室しかない、奇妙な4LDK。
d0017039_221484.jpg部屋は4つもいりませんが、面積が増えると部屋数も増えます。
東の窓からは悪名高きベルコリーヌがみえます。通り一本挟んでますが、夜はカーテンブラインドがないとちょっと厳しい距離感。
d0017039_2222061.jpg南はおとといまで住んでいた団地13階建て。基本南面配置の4戸1プラン。
南は見るに値しない景色。なので南向きの部屋は、タンス置き場として使います。室内干しにも良さそう。いずれにせよ、南の部屋は裏方です。
d0017039_2223560.jpg東は団地内の築山。環境の良いこっち側に2室あります。

ということで、日当たりは悪くなりましたが、3方から光が入り、風が通り抜けるので、旧住居より遙かに快適です。3方が抜けてるので、団地、マンション特有の閉塞感もありません。


4方が外気に面する戸建住宅なら、どんなことがあっても4方に抜けをとるべきですね。都市部でも、プライバシーを確保しつつ、窓をとる方法が必ずあるはずです。南面ばかりに窓をとるのは、非常にもったいないことだと考えましょう。

by iplusi | 2007-09-06 22:02 | その他いろいろ | Comments(0)
<< 珪藻土のタイル 引越しはネットから >>