ガレージハウス
d0017039_1823080.jpg国分寺I邸子世帯南面の一階を陣取るバイク用、インナーガレージのスペースができてきました。

どうしてもフルオープンかつ外施錠できるようにされたいということで、店舗用のフォールディングサッシ(折戸サッシ)で対応。しかし、フォールディングは防火がとれないので、ガレージ内部も内装制限かけて、延焼のおそれのある部分に対応します。

床はコンクリートに水性無機質系表面強化剤で表面処理の予定。機械鏝推奨とのことですが、狭いエリアなので、金ゴテ(人力)で施工します。
by iplusi | 2007-08-25 18:02 | 国分寺I邸 | Comments(0)
<< 宙に浮かぶ床 安い縁ナシ畳 >>