地盤調査@杉並
d0017039_14553781.jpg
8/22。今朝は杉並U邸の地盤調査(SS試験)。境界杭の位置、北側に新築される3階建て住宅の位置などを再確認。
d0017039_17224578.jpg
これが今日8/24、送られてきた地盤調査速報の考察ページ。ベタ基礎なら改良なしで済むことがわかりました。旗竿敷地で、敷地延長部間口が2mしかないので、改良となったら、おそらく大変なことになっていたでしょう。

平坦地、造成地の今までの戦績(○:改良なし、×:改良あり)は、みなみ野○、鎌倉×、越谷×、川崎○、中野×、浦和○、多摩×、西船×、国分寺○、杉並○ということで、5勝5敗。住宅の資金計画を考えるときは、地盤改良費用を予め予算化しておかないと危険だということですね。
by iplusi | 2007-08-24 14:53 | 杉並U邸 | Comments(7)
Commented by 川崎H邸主人 at 2007-08-24 19:01 x
×だったお宅がご近所にありました。運良くウチは、○だったのかもしれません。そういう意味では土地購入時の予算化にとても賛成致します。
Commented by 鎌倉Y邸主人 at 2007-08-24 22:01 x
×でした。トホホ。そもそも、特に分譲地などでは、土地売買の時点で地盤に関するデータが公表されて、それを考慮した値段がついてないとおかしいのではないでしょうか。商品のスペックですから。タイヤつきのクルマとタイヤなしのクルマが同じ値段で売っていて、タイヤのあるなしは売買契約後に買い手の費用負担による調査ではじめてわかり、運が悪い人はタイヤを買わなければならない、なんておかしいですよね。タイヤ代かえせー!
Commented by snakam at 2007-08-25 14:14 x
URから土地を買ったのですが、説明会場に地盤相談のオジサンがいまして、あまり地盤はよろしくないというような説明はありました。「タイヤついてないかもしれないですよ」ってことですね。当方は「勝負」と思って買ったのですが、負けでした。ギャンブルにはめっぽう弱いのです。
Commented by iplusi at 2007-08-25 22:35
いや、造成地でも開発地でも、よっぽどのところじゃないとタイヤは大体ちゃんと付いてるんですよ。中にはタイヤはおろか、シートも窓ガラスもないのがありますけど、そういうところは造成後の状態や工事途中の状況、販売価格などをみると大体わかります。

どうも、改良の世界は、タイヤの空気抜けてるとか、ファンベルトが劣化してるとか、大したことないことに難癖つけて、高額な整備費用をふんだくるという、自作自演のインチキ車検屋みたいな商売になってるんですね。調査会社の多くは、自社で調査した案件の改良工事で利益を出しているから、調査自体は3万円とか非常に安くおさえて、客引きができるわけです。

本来は地盤のリスクに比例して、保険料がかわるとか、対策費用がかわるとかじゃなきゃおかしいはずなのに、この保証を受けるためには、この工事が必ず必要なんていう変な話になっています。このアホな制度を、業界全体が許容してることは昔から問題です。
Commented by iplusi at 2007-08-25 22:36
まあ、今の段階では予算化やむなしというところですが、それでも、この問題は、見えないところで結果的に建主さんにすごい費用負担を強いることになる、今回の基準法の大改悪(姉歯対策の基準法改正)に比べれば、大したことのない問題かもしれません。これからは土地は買ったけど、当分家が建たないなんて可能性が高くなります。この大改悪は、一戸の住宅の費用を上げるのはもちろん、ここ2ヶ月の確認申請の遅れから、景気にも影響し、近いうちに社会問題化してくると思います。
Commented by 川崎H邸主人 at 2007-08-26 00:23 x
理想の土地購入選定コンサルは商売になるのかもしれませんね。やっかいなのは、その後のデザインが好みかどうか。いいづかさんなら実現できそうなので、ぜひビジネスモデルにしてください(応援します)。

※ローコスト住宅にて。
Commented by いいづか at 2007-08-27 21:18 x
ロココ調と純和風以外は何でもやるというのが、私のデザインのモットーです(笑)。自分で言うのもなんですが、土地購入選定コンサルを「さくら事務所」に頼む予算があるなら、その後の設計込みで飯塚に依頼した方が得だと思います。
<< 安い縁ナシ畳 材木屋の光 >>