オリジナルスパン表
d0017039_21354523.jpg
木造住宅の梁の寸法を毎度計算するのは面倒なので、今日はエクセルでオリジナルのスパン表を作成。ヤング係数、梁の寸法、荷重などを入力すると、所定のスパン、梁ピッチのときのたわみ量を自動計算。長期たわみがスパンの1/250以下かつ2cm以下におさまっているかどうかの判定結果(「OK」or「NG」)までは自動で出力されるようにしてみました。(色つけが手動なのがいまひとつ)。応力の検討は別途必要。でも、梁の寸法は、たわみで決まることの方が多いので、こういう表であたりをつけられるとなかなか便利です。
普通の木造住宅は、平面の自由度を確保するため不必要に大きい部材が入っているものですが、ここまでやれば、木材の性能を余すことなく利用することが可能になります。
by iplusi | 2007-07-25 21:31 | その他いろいろ | Comments(4)
Commented by 川崎H邸主人 at 2007-07-26 00:43 x
セルに自動で色付けするのは、「条件付き書式」の応用でいけそうな感じが、、、(どのようなExcelデータがよく分からずの推測にて)。
Commented by いいづか at 2007-07-26 22:30 x
「条件付き書式」知りませんでした。何かと使えそうですねコレ。(増額変更に着色とか(笑))。これでかなりいい線までいけます。AもBもOKの時ユニットごと着色するということなので、もう一工夫必要ですが、if文と組み合わせれば解ける気がします。知恵熱でそう(笑)。
Commented by 川崎H邸主人 at 2007-07-27 01:31 x
ちなみに、Excelには、便利な裏ワザ(キーボードのショートカット)がありまして、、、。

 Ctrl+ ; →今日の日付

 Ctrl+ ; →今の時刻

が一発入力できたりして、結構病み付きになります(知ってましたら失敬)。
Commented by 川崎H邸主人 at 2007-07-27 01:34 x
訂正! 今の時刻の一発入力は、「Ctrl+ : 」です。
<< 電気関係打ち合わせ トタン外壁と大木 >>