国分寺I邸配筋検査
d0017039_16291783.jpg
国分寺I邸現場に、朝市ができそうな巨大ブルーシート屋根出現。これなら天候をあまり気にすることなく工事ができます。雨が多く強風吹かない季節なら有効な作戦かも。
今日は設計事務所の配筋検査でした。工務店→ハウスGメン(第三者機関)→設計事務所のトリプルチェック体制です。主筋本数、ピッチ、継ぎ手や定着ののラップ長、かぶりなどゆっくり時間をかけてチェック。次回打設のモルタル捨て場位置、暑中コンクリートの打設時間、予備バイブレーターの手配なども工務店Oさんに確認しました。
by iplusi | 2007-06-30 16:29 | 国分寺I邸 | Comments(0)
<< オール電化導入の前に読むべきコ... 杉並U邸14案 階段部など調整 >>