明日の建もの探訪
明日の「建もの探訪」は、いつもお世話になっている太田さん+NDPの大友さん設計の住宅。構造は江尻さん。全く迷いがない明快な建築です。是非ご覧下さい。
by iplusi | 2007-04-28 22:04 | その他いろいろ | Comments(2)
Commented by 川崎 at 2007-04-28 23:54 x
おー!

手塚鳥小屋住宅よりもバランス悪そうで見ていて強烈&不安。

狭小という要件であればしかたなし、ということでしょうか。

でもこれが成立するのであれば、ウチはとても安全圏内ですね。

構造設計者様、設計者様、感謝致します。

※朝6時放映はキツい時間帯ですね。我家は、録画しておいていつも昼時、であります。

※いつもこの番組見せるものですから、長女から「わたなべさん、いつ来るの?」と責められまくりです。彼女的にその準備しているみたい(すごい)。

※討って出てもいいですよ。庭の山ボウシもシャラも、ベニカナメも今年は綺麗です。家庭菜園も順調、順調。住みかとして全体が整ってきました。
Commented by いいづか at 2007-05-04 17:32 x
1階の地震力は厚いコンクリート壁で負担、2階RC跳ねだし床の軸力は鉄骨で負担、2階、3階は剛性の高い床として、センターのサービスコアで負担ということなのでしょう。かなり頑丈だと思います。

>討って出てもいいですよ。

それでは、設計主旨などまとめないといけませんね。写真撮影はよろしくお願いします。ところで表札プロジェクトどうなりました?
<< 杉並U邸01案 死角のある空間 杉並区建築指導課の小屋裏収納の解釈 >>