西船橋U邸 看板完成
d0017039_17293442.jpgUさんより看板完成写真送っていただきました。
看板は建主Uさんのお友達の金属加工の専門家が製作することが決まったため、アクリル板にカッティングシート貼り的な、色つき看板路線を改め、鉄板の切り文字で製作することに。文字はイラストレーター+拡大コピーで原寸で出力し、マークは寸法書いて依頼。ガビガビのワイルド系になるということで、丸ゴシックをやめて、隷書体とかにしてみたのですが、プラズマカッターで切断した部品は、非常に繊細な仕上がり。照明がつけば一階の看板は完成です。
by iplusi | 2007-04-23 17:29 | 西船橋U邸 | Comments(4)
Commented by arsnova-arch at 2007-05-07 02:18
i+iは何色か?
i+iの和色大辞典での解析結果
i+iの70%は★肥後煤竹(ひごすすたけ)でできています。
i+iの21%は★茶褐色(ちゃかっしょく)でできています。
i+iの2%は★花色(はないろ)でできています。
i+iの2%は★桔梗色(ききょういろ)でできています。
i+iの2%は★山吹色(やまぶきいろ)でできています。
i+iの2%は★利休茶(りきゅうちゃ)でできています。
i+iの1%は★甚三紅(じんざもみ)でできています。
i+iの解析結果を調合すると★#836c52になります。
http://www.colordic.org/analyze.php?q=i%2Bi&d=w
ちなみに
ARSNOVAの100%は★栗梅(くりうめ)でできていた!?
Commented by いいづか at 2007-05-08 21:23 x
ちょうど色の研究をやろうと思ってました。和色大辞典も洋色大辞典もコード、RGB、HCVなどがわかって参考になります。
Commented by jas at 2008-08-04 01:37 x
こんにちは。家をリフォーム中で、笠松電機の照明について調べていてこちらのブログにたどりつきました。
この建物、i+iさんで設計されたんですね!車で移動中に偶然赤信号でこちらの建物の目の前に止まって、「素敵な建物だな~」と思って写メを取らせていただいたんですよ。こんなところで再会するなんてオドロキです。こちらのブログの情報を自邸のリフォームに活かさせていただきます。(リフォーム前にこちらのブログを知りたかったです^^;)
Commented by いいづか at 2008-08-05 21:00 x
jasさんはじめまして。笠松電機の商品は形に普遍性があって、どれもみんないいですよね。金物でいえば堀商店、水栓でいえば、三栄とかでしょうか。いいものは大手メーカーにはないんですよね。
いろんなことに徹底的にこだわって、jasさんらしいリフォーム実現してください。
<< 杉並区建築指導課の小屋裏収納の解釈 光と闇 >>