21/21 DESIGN SIGHT
d0017039_18465589.jpg
全景はいろんなブログに登場してそうだから略。建物の殆どは地下に埋まっており屋根は思ったこじんまりした感じ。地下化する経済性はさておき、屋根と地下空間で見せるこの手法は、屋上を庭園化する近つ飛鳥の手法(あれは失敗だと思う)より遙かにうまくいってると思います。

写真は三角の屋根の先端部。屋根に降った雨はこの一点に集まります。しかし、この屋根、鉄板で全溶接(だと思う)というのが力づくすぎるんじゃないか。RCの壁や階段は世界の安藤だけど、鉄の屋根は見せるディテールになっていない。2重にするとか、入り目地の樋を設けるとかして、鉄のシャープなエッジをみせるとかできなかったんでしょうか。

内部はナナメの線とかあって、楽しめます。なお、今やってるのは安藤展だけど、内部の写真はとれないです。
by iplusi | 2007-04-08 18:46 | その他いろいろ | Comments(5)
Commented by 川崎H邸主人 at 2007-04-08 23:09 x
乃木坂ミッド外れのナナメ建モノのことかな。

自分もあの日数分後、この場所で「アンドゥ」のセミナーを聞けるタイミングだったのですが止めました。有料でしたし、家づくり後では何故か冷めてしまっていますね(聞いて何になるのか、で昔のように前向きになれない)。

ただ、ここはデザイナーぽい人が集まってますね~。そういう意味では楽しい。
Commented by 川崎H邸主人 at 2007-04-10 21:27 x
近所でアトリエ天工人さんが手掛ける住宅発見。変な形してます。この前、最寄り駅で見かけたあの方は本物だったようです。また偵察癖が復活しそうです。
Commented by 川崎H邸主人 at 2007-04-11 00:28 x
調べてみたら、強烈な計画ですね。
http://www.tekuto.com/works/private/index2.html
あの問題施設の尾根沿いです。こいつは、良いかどうかわかりませんが、結構インパクトあると思います(今、上棟、というか壁を建てているのかよくわからん状態)。

現場必見でしょう。
Commented by いいづか at 2007-04-13 02:28 x
project4000?という感じでしょうか。高額案件が多くなってきたからなのか、最近、坪単価とか建設費とか載せるのやめたんですね。構造・設備も超豪華キャスト。設備担当の高間さんは大高事務所のOBで、稲城のプール・図書館の基本設計ではご一緒しました。(実現しませんでしたが。)
Commented by 川崎H邸主人 at 2007-04-13 22:48 x
まぁ、でも設計者としては「ここぞ」の立地ではありますね。相当気合入っていることでしょう(GAまで標的にしてるし)。

※メタボ対策で、会社からの帰りは、ひとつ先の駅から毎日自宅まで歩いてます(約40分)。実はあの尾根からの下降地点が正にこの現場でして、毎日歩くため理由ができました。
<< 東京都下水道台帳の閲覧 空気遠近法 >>