建築の「品」
d0017039_194198.jpg建築の「品」について、つい考えてしまう原宿の某ビル。こういうところに建つ商業ビルにお金をかけるのは自由ですが、町中に建つ以上、品良く建てて欲しいものです。
確かに道行く人は皆見上げ、大変目立っているのですが、看板みるとテナントは全然入っていない様子。日経アーキテクチャーには賃料は安いとかいてありますが。
エレベーターシャフト左手の、車用のエレベター(地下に附置義務駐車場があるそうです)のガラスドアが気合い入ってました。
by iplusi | 2007-03-01 19:08 | その他いろいろ | Comments(3)
Commented by 川崎H邸主人 at 2007-03-01 20:01 x
どうやって窓の清掃をするのか興味津々であります。
Commented by iplusi at 2007-03-01 21:14
そりゃ道路から放水でしょう(笑)またはロープで山男がぶら下がるか。いずれにしてもH邸御主人の出番です(笑)。
しかし、下向きの傾斜面はどうすんですかね。(国立新美術館はスパイダーとかいう清掃ロボット使ってるみたいです)。
Commented by 川崎H邸主人 at 2007-03-02 00:12 x
コレド日本橋 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%89%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%A9%8B のオーバーハングしている低層部分は、ロボットがぶらさがりながら清掃する仕組みを後付けで計画したようです(外人設計者は意匠だけでまったく考えていなかったみたい)。

それでも今まで見た中で外壁の清掃で大変と思ったのは、このビルの○んこ部分(泡の部分) http://www.enjoytokyo.jp/OD003Detail.html?SPOT_ID=s_13005955。

○んこの上部には確保用のフックが取付けられてまして、清掃員がロープでそこから何人もぶらさがりながら拭き掃除をしてます。

先端部分は山ヤでも結構怖いと思います。
<< 黒髪理論 工務店の選び方 >>