みなみ野i邸 引戸手掛け
d0017039_23151654.jpg既製品は味気ないので、どんなローコスト案件でも内部の木製建具は必ず制作するのがアイプラスアイのルール。考えてみたら今までの住宅は、引き戸のディテールが全部違いました。

これは、はじめての木造建築で試行錯誤の形跡が見て取れる、引き戸のディテール。鍵と手掛けの幅を揃えてみたりして、今見てもそんなに悪くないおさまり。

堀商店の真鍮製の鎌錠が、年季が入っていい感じになってきました。
by iplusi | 2006-12-12 23:15 | みなみ野I邸 | Comments(0)
<< 多摩N邸 明日引き渡し 伊東さんの多摩美建築 >>