軒天施工
d0017039_18515294.jpg多摩N邸軒天井の木張りがはじまりました。乾燥時、縮んで目地が白くならないように、予め工場で塗装してあります。片面だけ塗ると反りやすいので、裏面も塗装。
業務連絡snakam様:材の赤白、塗装自体のムラなどあるので、壁、天井とも、庇下足場とる前に再塗装予定です。不思議なもので、現地見ると、結構白い印象があるんですが、写真に撮ると随分と濃くみえますね。壁と天井でも多分大分印象が変わりそうな感じです。
by iplusi | 2006-10-11 18:59 | 多摩N邸 | Comments(1)
Commented by snakam at 2006-10-11 19:38 x
 ついに木張りが始まりましたか。仕事が立て込んでしばらく現場に行けていないので、この写真で楽しませてもらいます。ところで、この部分が「塗装後に張る」でOKなら、室内天井も塗装後に張ることはできませんかねえ。施主塗装がぐっと楽になると思うのですが。
<< 浦和S邸オープンハウスのお知らせ。 初めての勾配屋根 >>