シルエットシェード
d0017039_21161141.jpg営業で、五反田方面に行ったついでに、マリオ・ベリーニの東京デザインセンターへ。相変わらず寂しいショールーム群で、人影はまばら。営業していないショールームも多数。建物の中心部を、外部空間が貫いて、店同士の関係が希薄なのが、しらけちゃう原因。

ハンター・ダクラス社のショールーム見学。写真は一枚でレースカーテンとブラインドの機能を併せ持つ、シルエットシェードという製品。アッパーライト使った展示の仕方はきれいだけど、実際どう見えるかは良くわからない。
by iplusi | 2006-08-26 21:16 | その他いろいろ | Comments(2)
Commented by 川崎H邸主人 at 2006-08-26 23:32 x
建物を挟んで、国道1号線と反対側の庭、見ました?個人的にはあの空間結構好きです。

でも、五反田って、一歩踏み込むと、ディープな街ですよ
(建物から国道1号線の向こう側)

でも建物から目黒方面の横道に分け入ると、セレブなデザイン住宅が多くて、歩いて見て楽しいです。
Commented by iplusi at 2006-08-29 22:11
あ、節穴でした。まわり全然みなかった。そうなんですか。セレブ住宅など今度徘徊してみます。
<< 腰壁付き掃き出し窓 半地下部分配筋検査@西船橋U邸 >>