住宅と植物
d0017039_23171235.jpg私の住む東京、南大沢では、桜は満開まで、もう少しというところ。
どうもこの時期、桜ばかりに気をとられていますが、このあたりでは、ユキヤナギ、レンギョウ、コブシ、菜の花といった、花の印象が圧倒的な植物たちが力強く咲き誇っています。
d0017039_23173479.jpgところで、造園の世界では、「四季折々の」といったテーマで、季節感のある多様な品種の植物を植えることが一つのセオリーのようですが、一軒の住宅の外構で、それをやるのはちょっと無理があるという気がします。
d0017039_23175196.jpg住宅の外構はルイス・バラガン自邸みたいに全くなにもしていないかのように、ほったらかしにみせるか、種を徹底的に絞って徹底的に人工的につくる方が、うまくいくような気がします。「花の色を統一する」といった作戦も、あっても良いと思います。
by iplusi | 2006-03-30 23:18 | その他いろいろ | Comments(3)
Commented by bonpata at 2006-03-30 23:53 x
赤(ピンク)〜♪、白〜♪、黄色〜♪
どの花みても、きれいだな〜♪
この時期の花三点セットですね。ソメイヨシノ、ユキヤナギ、レンギョウ……。最近は洋風の庭も多いので、黄色にはミモザとかもあったり。花の春、パワー全開まで後ちょっと……だけど今日は寒かった。

……と台詞の無い写真三枚にコメントつけてみました。
Commented by iplusi at 2006-03-31 02:06
写真だけのアップ状態にコメントしていただいてすいません。このレンギョウはでっかくて、かなり見事です。bonpata邸でも導入予定?のユキヤナギは葉っぱがモネの絵みたいな感じで良いですよね。花より葉っぱが好きです。
Commented by bonpata at 2006-03-31 10:08 x
あ。すみません。作成途中だったのですね……。コメント付けの「お題」かと。実は今の借家、とんでもなく植栽が豊富で、ここにあるうち、レンギョウとユキヤナギ、さすがにソメイヨシノは無いですが、桜ではカンヒザクラ。もうすぐ満開の立派な椿、ちょっと前はサザンカが咲き誇り、もちろん、大降りなモクレンが青空に映えていたり。これでもかってぐらい、園芸種が詰め込まれています。かるく、園芸店の植え溜めの光景。ちょっと、つかれる、きれいだけど。そして管理がやっとれん。ユキヤナギすてきですが、あれは公園のようなスペースの余裕のあるところで初めて映えますね。新居の猫の額スペースでは、すべてがユキヤナギに埋もれてしまいそうです。統一感のある庭、大事と思います。年間のある季節、ある一色の花が咲く……それぐらいが、わびさびかも。さて、樹種の選定、楽しみだ。
<< 中野G邸 今日の現場-4 設計の組み替え >>