多摩N邸 07案  「図」と「地」
d0017039_1549166.jpg不整形地では、土地の形状に合わせた建物形状にするというが定石。しかし、コストの制約があるときは、全くつきあわないというのも作戦の一つ。屋外の諸要素を過不足なく配置して、

d0017039_15491849.jpg「地=ground」と「図=figure」の両方がうまくいくように、その関係を調整します。建物の窓は、groundの植栽を意識しながら配置。この場合、建物と外構は同時に設計することになる訳です。

d0017039_15493620.jpg南側は西部劇風の縁側空間に。東側の緑道には桜が咲くとのことで、来春が楽しみです。
東からみると2つの直方体の相貫体にみ見えるように形を整理しました。
by iplusi | 2006-03-26 15:49 | 多摩N邸 | Comments(15)
Commented by bonpata at 2006-03-26 16:40 x
デッキつづきにさらっと玄関、リビングとイケイケ……アレヤコレやと動きが見えてくる模型でわくわくします。どうもbonpataです。
あの……後の、ぽこっと突き出た、ぽこっと出ている四角は……一体なんなのでしょうか?ああいうぽこっという構築物に、私、無性に反応してしまう体質みたいなんです。ゆかしい……、なんですか?法面ぎりぎりにそれがあるのも、ゆかしい……。最初はお風呂かと思ったんですけど。
Commented by 川崎H邸主人 at 2006-03-27 00:50 x
いいづか 様、

構造的に挑戦してますね。

拝見しててとても楽しいです。
Commented by iplusi at 2006-03-27 02:09
bonpata様
あたり。バレバレですね。06案は出っ張りに主寝室を入れたけどやっぱりうまくいかないんで、07案は浴室を入れたのです。
bonpataさんと同じく、回遊マニア=トポロジカル間取りマニアの私、浴室とトイレの位置がいつも最大の課題となります。回遊性を阻害しないようにするには、水回りはどうしても突出させるか、入れ子にするしかないのですね。bonpata邸のお風呂は2階でしたっけ?

川崎H邸ご主人様
さすがお目が高い。端から端までの窓は、途中に斜材が入っちゃうのかと思ったら、この2階くらいの規模なら、腰壁と下がり壁があれば成立するんですって。まあ、1階は少し考える必要ありますけどね。

Commented by bonpata at 2006-03-27 09:13 x
突出していたり、凹んでいたり、そういうのに、いつも反応しています。うちは……だから玄関がガラス張りで出っ張って、回廊のジャンクションみたいな機能を果たしています。
で、お風呂ですが。
お風呂は一階です。
玄関はいると向かって右手にキッチンのカウンターが玄関土間に向かって開いていて(もう変なんですが)、左手を見ると、浴室が、大きな窓を開いて、キッチンに対面しています(露出狂的浴室)。水回りは、身体的動線としてはドンつきなんですが、そこから視線が泳いで、キッチンの向こう、リビングを飛び越えて庭に視点を遊ばせる……そういうコンセプトなんですが、実際湯船につかってそれが出来るかどうか、やってみないとわからない……お客はどうやって入浴すればいいかドキマギする……。提案する方も提案する方ですが、二つ返事でOKする方も……。
Commented by 多摩N邸主人ことsnakam at 2006-03-27 14:54 x
bonpataさん、こんにちは、bonpaptaさんのブログのパーゴラの写真、私のブログに拝借できますでしょうか。ちょっと、手を加えて遊んでみたいので。
Commented by bonpata at 2006-03-27 16:10 x
どうも、多摩N邸主人ことsnakamさん。勝手に人の家で興奮して申し訳ありません。どうぞ、いかようにも遊んで下さいませ。
Commented by snakam at 2006-03-27 16:29 x
bonpataさま、さっそくありがとうございます。でかい庇ではなくて、パーゴラ+半分ぐらいの庇、ってのはどうかなと思っているのです。今夜あたり、画像ソフトをいじくって、イメージをつくってみようとおもいます。
Commented by 川崎H邸主人 at 2006-03-28 02:29 x
いいづか 様、

ウチと同じで四方開放。雨樋の配置や外部設備機器の取り付け場所など、気にかかったりして、、、。
Commented by いいづか at 2006-03-28 20:29 x
パーゴラ+庇という構成にした場合、軒樋の処理がなんともホントに悩ましいのですね。また、パーゴラ柱や梁を雨がかりにしてしまうと、木部の腐れの問題も出てくるから、本体とは別構造にしたくなってきます。部分ガラス屋根?可動屋根?テント屋根?ともかく悩みどころですね。
Commented by bonpata at 2006-03-28 20:57 x
>いいずかさん!
うわ。その問題、全部うちが抱える問題じゃないですか!どうしよ。
Commented by snakam at 2006-03-29 01:35 x
>木部の腐れの問題
そうですよね。近所の家は、パーゴラが朽ちてきて、取り外していたと思ったら、家全体がいやになってしまったのか、全部建て直してしまいました。金があれば、そういうこともできるわけですが。。。
 悩みどころです。ホントに。
Commented by iplusi at 2006-03-29 01:59
bonpata様:bonpataさんちの方では、そういう古いモノを生かすみたいな話は、みなさん得意なんじゃないですかね。だから設計者施工者に聞けばいろいろ名案があると思いますよ。もう解けてるかもしれないし。
snakam様:2階の日照を考慮するという発想もありえるけどそれじゃ面白くありませんよね。インナーデッキがあるわけだから、必ずしも屋根付きのスペースに机が置ける必要もないわけで、東は奥行きを深く、南は浅くというような発想もあり得るなと、帰りの電車の中で考えてました。図面なしでそらで考えていたので、うまくいくかはわかりませんが。
Commented by 川崎H邸主人 at 2006-03-30 00:07 x
これまでのご意見、拝読していて、カミさんからポンと暴言(もう慣れてます)。

「オーニングにしたら?」 「くるくる回せば」、、、ってオイオイ(いいづかさん、こんな発言、許せます?)!


さて、川崎H邸主人の(おせっかいな)提案(案)。

模型見てると、庇の内部が室内に見えてきてしまうのです。

庇内を室内と定義し(土間とか)、日照の届く範囲が「奥まで」届く必要性があるのか、また別の方法があるのか(床材の反射性能を活用するとか)検討したらいかがでしょう(生意気言ってます)。

実は我家の隣家が、このような土間プランでして、贅沢な住みこなしをなされています。
Commented by snakam at 2006-03-30 07:54 x
>模型見てると、庇の内部が室内に見えてきてしまうのです
ぼくにも、そう見えます。
 そこで、室内に日照が入らないなら、日が当たるデッキ部分まで部屋を拡張してやればいいではないか、とも考えてはいます。「先立つもの」とか、いろいろ事情はあるわけですが。
Commented by iplusi at 2006-03-30 23:01
一応、設計で飯を食ってるので、くるくるまわる=建物自体が自転する!?(笑)の以外、オーニング、穴あき折板、落葉樹庇、反射材利用、外部トップライト、一通り検討してます。加えて、谷崎潤一郎の陰翳礼讃をネタに、煙にまく作戦まで考えてました(笑)。
snakam様:冬を旨として太陽熱の利用を重視する場合、軒下の一部内部利用が最もシンプルな解答で、多分正解です。インナーデッキも1間の奥行きとなって、座敷的にも使えそう。当然マロンの昼寝にも。柱割りとサッシのディテールの整理がつかなかったので、明快さを出すために、前回は単純に全部外にしてました。次回はこのあたりを中心にやってみましょう。
<< 設計の組み替え 「部分」と「全体」 >>