平面図の限界
d0017039_22422578.jpg

航空写真でなかなか目的の場所が見つけられないのは、我々は普段鳥のように、空から風景をみることがないからです。
航空写真は一種の平面情報です。平面図は、同一平面に近似できるのであれば、どこまでも拡大することができ、一つの絵の中に沢山の情報をつめこむことが可能な便利な記述法です。しかし、上記、航空写真の例からもわかるように、平面図から得られる情報と、アイレベルで知覚される情報との間には大きな開きがあります。
d0017039_22425074.jpg

少なくとも、文字や記号(影の長さなどを含む)を使わずに、高さ方向の情報を記述することができませんし、また、手前のものと奥のものの重なりなども表現することができません。つまり平面図から実際の空間をイメージするのは、かなり困難な作業なのです。でも、モデルルームがあるにせよ、平面図だけで簡単に家を購入したりする人って以外に多いのですよね。実にアブナイなあと思います。

私の場合、少なくとも平面図を書くときは、同時進行で立面と断面を一緒に書きますし、そして図面を書いたら必ず模型をつくります。模型の情報量は圧倒的。建築のような3次元のものを考えるときは、ともかく模型に頼る以外に方法はないようです。
by iplusi | 2006-03-17 22:43 | その他いろいろ | Comments(2)
Commented by 川崎H邸主人 at 2006-03-18 00:19 x
これは、googleの衛星利用サービスですね?

よく見えるので、もっと見たい、って訳で、ズームしまくって、詳細特定できそうで、できななくなるところで終わってしまうのがこのサービスのミソですね。

昨今、大阪から単身赴任となった上司に言われまくってます。
「川崎H邸主人も家を建てたか、俺も大阪で建てたぞ、見てみぃ!」

東京の会社のパソコンから、大阪の上司自宅の屋根を拝見させられました、、、。

使い方によっては、気苦労もあるのですが、スゴイ、システムだと思います。
Commented by iplusi at 2006-03-18 03:09
テレビに矢追純一が出てたので、エリア51もグーグルでみれるんじゃないかと思って検索してみたら、色々ヒット。似たようなこと考える人は沢山いるんですね。
この緑地は近所にある、うずまき公園というところなんですが、グランドカバーは芝とクローバーとその他草のまざった、なんともいい加減な感じでなかなかよいです。渦巻き以外は何もしていない公園ですが、子供たちは葉っぱ流したり、花輪つくったりして遊んでいます。
<< 中野G邸 今日の現場-3 「夢」 >>