オガスタ新潟コラボ第二段
昨日9/23土曜日はオ-ガニックスタジオ、i+i設計事務所のコラボ第二段、新潟K邸の打ち合わせでした。お施主さんには大変に喜んでいただき、2回めの打ち合わせで基本方針はほぼ固まりました。
d0017039_17264999.jpg
庭がある程度広く、メインフロアにグランドピアノを配置することが決まっているので、1階リビングが自然です。そこで、坂倉さんの飯箸邸のような非対称な切妻のボリューム構成を採用しました。先日の記事でも明らかなように、1階より2階が小さいとき、このボリューム構成は外壁面積を比較的小さく抑えられる、合理的な形状なのです。
落雪を考慮して、道路に対しては妻面を向けます。東側(向かって左)隣は新潟では珍しい3階建てだから、こちらも背を高く。
d0017039_17264853.jpg
反対に隣地がオープンスペースとなっている西側は、平屋並みの低い軒としました。東下がりの大きな屋根面となりますが、ちょうど東側には細い水路があるので、雪が落ちても大丈夫。玄関と南側は、それぞれボリュームをそれぞれ欠き取った半外部空間をつくったので、屋根は翼を広げたような感じに見えてます。
d0017039_17264824.jpg
南側は隣家の影のできにくい東寄りに窓を集めました。西寄りは地面から約1m上がったデッキスペースです。
d0017039_17264840.jpg
西側中央一階のリビングは、グランドピアノのある吹き抜け空間です。平屋側の吹き抜けにピアノを置く構成はレイモンドがカニングハム邸でやっています。加えて、今回の計画では、コンサートホールのように、各階の様々な場所からピアノを眺められるようになっています。
d0017039_17264874.jpg
ピアノ側から見た風景。勾配屋根の先にはトップライトを配置しました。教会のように様々方向から光が射す空間になっています。
by iplusi | 2017-09-24 17:56 | オガスタコラボ2 | Comments(0)
<< 三宿N邸 吹付け終了 三宿N邸 今日の現場 >>