三宿N邸 今日の現場
d0017039_18433180.jpg
三宿N邸今日の現場。村木棟梁、今日は作業場仕事で現場お休み。村木さんその後一人でコツコツつくって、2階は天井のボードまで終わり、ハイサイドライトの光は一層よく回るようになりました。準耐火なのでロフトに至る階段は60厚の集成です。
d0017039_18432984.jpg
南西角のバルコニーまわりは、アイプラスアイ定番の内向きの縁側もできました。今回は一部広くなって、小上がり状になっています。下部は全部ワゴン。結構な収納量ですね。ロフトへの階段は小上がりから上がる形で段数を節約します。
d0017039_18432806.jpg
2階の東西の妻面は日干し煉瓦色という感じの、ちょっと赤っぽいベージュにします。江戸川M邸で使った色より、やや赤に振れていて彩度若干高めです。黒っぽいのは、トイレシャフトなどに使う、少し赤身のあるこげ茶色です。写真でみると、ずいぶん黒黒してるのでもう一段階薄くしてもいいかな?
d0017039_18432834.jpg
1階は階段ができました。間仕切りや天井はこれからです。
d0017039_18432932.jpg
1階の南は、通り抜け部屋的に3部屋が連続する間取りです。階段側の収納ブロックの間に回遊動線が作られます。
d0017039_18432876.jpg
外観全景。真ん中の白っぽく見える外壁部分は、やや赤みのあるグレイ色に吹き付けます。
d0017039_18432883.jpg
妻側屋根頂部です。屋根通気をとった棟カバーは、最後のハゼで止めてますので、とてもすっきりしています。
勾配が結構急なので、破風下で通気取ると横から水が射す可能性があります。端部通気垂木はエアーホール加工して、壁通気と屋根通気をつなぐだけにしました。
ラス下のアスファルトフェルト上端は登り淀下面に対してブチルテープ貼っているため、ここから水が入ることはありませんが、テープとモルタルの肌別れ考えると、小さくてもいいから板金の破風を回した方がいいでしょうね。
by iplusi | 2017-09-16 21:40 | 三宿N邸 | Comments(0)
<< オガスタ新潟コラボ第二段 横浜M邸 外壁工事ほぼ終了 >>