千葉寺N邸04案 
d0017039_11443857.jpg
千葉寺N邸04案。今回は「間口3.5間☓奥行き4.25間」だった平面のプロポーションを、「間口3間☓奥行き5間」の王道プロポーションに変更した案を試します。「シンプルなのが好み」ということで、道路側ファサードは、前回03案のハンマーヘッド型立面のまま、上下分節表現にしてみました。全体のシルエットは、細身になって大分綺麗になりました。
d0017039_11443817.jpg
2階の左手ダイニング部分は、腰高の窓にしてレイアウトの自由度を増す形に。キッチンカウンターは壁向き、アイランドは作業台とテーブルを兼ねる国立S邸方式のキッチンをご提案しましたが、間取りの方程式「止まり木方式」の大テーブル置くプランもできそうです。
1階左手主寝室の窓は、高窓方式でプライバシーを保ちつつ室内干しに対応。
d0017039_11443829.jpg
間口が狭くなったので、縦スリット窓とバルコニーが近くなりました。今回は三宿N邸のように、バルコニ上にプチロフトがある案をご提案。ワンルームの室内に、バルコニの箱とトイレ食品庫の箱が2つ置かれた感じにまとまっています。
d0017039_11443927.jpg
1階は松戸N邸や国分寺T邸のように、北側中央に水回りコアを配置する形をご提案しました。玄関ホールに面する部分が少なくなるのでWICの入り口は主寝室からのアクセスになりますが、この模型の通り、階段も階段をスケルトン方式にすると、家の奥まで見通せ、大分広く感じられるようになりそうです。また、2階南窓から降ってくる光の恩恵を1階のどこにいても感じられるはずです。
d0017039_14175576.jpg
これは打ち合わせ中に相談した非対称イメージ(下図の30秒スケッチ)をCG化したもの。i+iならではの可愛らしい顔になるし、見通しのいい方向の壁がなくなるので、敷地状況に合ってると思いますが、あとはNさんがどう考えられるかですね。
次回打ち合わせは3週後。非対称のファサード含め、いろいろな可能性が網羅されましたので、収束に向けて方針をまとめていただくことになっています。
d0017039_14454371.jpg

by iplusi | 2017-08-21 12:14 | 千葉寺N邸 | Comments(0)
<< 総2階+部分平屋の外皮面積・コ... 世田谷S邸の無塗装木外壁 6年... >>