妙蓮寺T邸 道路関係の整理
d0017039_18261316.jpg
妙蓮寺T邸は勾配のきつい2項道路と平面L字型の位置指定道路に接道するのですが、2項道路はクランクが2箇所あってまっすぐではなく、位置指定はとても古く位置が曖昧、勾配もあるため、それらの関係が非常に微妙です。その線形を把握しないと確認申請が出せません。狭隘協議で2項道路の方はようやく少し見えましたので、次は位置指定道路の現況を測量会社に依頼して出してもらうことになっています。
d0017039_18261317.jpg
南東方向から見た景色です。既存擁壁は壊さざるを得ないので、深基礎形式で高低差処理します。だだ、結構大きな面となるので、仕上げが難しいですね。一般部外壁は、木の部分とつるっと白くする部分の対比で見せる作戦も面白いかなと思っています。

by iplusi | 2017-07-25 18:47 | 妙蓮寺T邸 | Comments(0)
<< 横浜M邸 鉄骨トラス階段の検討 建築知識2017年8月号「木造... >>