横浜M邸上棟2日目
d0017039_03192404.jpg
横浜M邸上棟2日目(火曜日)の様子です。勾配の異なる屋根の裂け目がハイサイドライトになっています。
めちゃくちゃにダイナミックな空間。このワイルドさが最後まで残るよう、部屋の間仕切りは最小限にしたいですね。
d0017039_03192492.jpg
東方向を見上げたところ。東西に大きく吹き抜けてるので、1階と2階が一体に感じられます。左手の片持ち梁や右手ベンチ下の反射光が非常に効果的です。
d0017039_03192577.jpg
左手ベンチの背中の腰壁は5.46mをワンスパンで飛ばしています。集成材だけどド迫力です。
d0017039_03192362.jpg
外張り断熱の施工写真を撮れたので連続写真で。剛床となる1層目の野地板は24㎜。墨出してからN75打ってますが、何本かははみ出したので打ち直し。白くて分かりにくいですが、ジョイントには気密テープ貼っています。
d0017039_03192345.jpg

通気垂木を流します。1層目野地下の構造の垂木45*180はカナダツガ@303だけど、野地上の通気垂木45*120は断熱欠損減らすように@606としました。タルキックで下部の垂木に固定します。約90cmの軒の出は通気垂木で出しています。
d0017039_03192368.jpg
通気垂木間に断熱材:発泡ポリスチレン3種B t100を入れていきます。
d0017039_03192406.jpg
今回は南側の軒は出るけど、東西のけらばは出ません。東西両端の通気垂木はエアーホール加工して、壁通気と屋根通気を繋げます。
d0017039_03192304.jpg
広小舞を打ってから、2枚目の野地t12を千鳥に貼っていきます。
d0017039_03192480.jpg

通気層付の外張りの屋根ができました。断熱材上の20㎜の隙間が夏の掃気と冬の結露防止に役立ちます。
現場監理特集の取材で、建築知識の湯浅さん他3名も見学していきました。上棟は初めてとのことで、ポカーンとみてましたが、役に立ったでしょうかね。
by iplusi | 2017-07-08 03:52 | 横浜M邸 | Comments(0)
<< 荻窪K邸 見積調整終了 多摩NK邸足場解体 >>