多摩NK邸足場解体
d0017039_00384703.jpg
多摩NK邸足場外れました。うちの事務所としては初めての積極的な和風表現。越屋根的なハイサイドライトが特徴です。
d0017039_00384648.jpg
大正時代の木造住宅がモチーフなので、窓の上には必ず庇をつけます。雨戸はありませんが、雨戸が付く位置は杉を張って立面を調整。
d0017039_00384541.jpg
内部は抽象的な和風表現です。黒々とした木部と白い壁天井を対比させて見せています。
d0017039_00384649.jpg
欄間サッシは間口いっぱいに確保。構造はステンレスのブレース材を利用しています。長押上に開口が連続するだけで、和っぽい感じが強調されます。
d0017039_00384786.jpg
お父さんの部屋。外壁の窓と玄関に向かう内窓の高さをそろえました。
d0017039_00402434.jpg
2階のセカンドリビング。南面の窓は低い腰で和風っぽいプロポーションに。
d0017039_00384619.jpg
中央ハイサイドから光を取り込んでいます。白くなったら光がよく回るようになりました。

by iplusi | 2017-07-06 00:59 | 多摩NK邸 | Comments(0)
<< 横浜M邸上棟2日目 横浜M邸上棟 >>