準耐火建築の壁に無理せず木を張る方法
昨日投稿したローコスト準耐火木内外壁のつづきです。
d0017039_15360785.jpg
三宿N邸、外壁は道路側の主要な部分に昨日ご紹介のJBN仕様で木を張る予定です。一方、茶色い部分はモルタルに吹き付け。全体的に茶色系に振って、柔らかい感じにしようと思っています。
d0017039_15360782.jpg
JBN仕様で外壁に木を張る場合、内部は石膏ボードを重ね張りする必要があります。でも内装に木を張ると石膏ボードはシングルで済むそう。ならば、外壁に木を使う部分に合わせて木を張るのが合理的。
例えば上記の絵のようにする場合、小上がり部分は外装も木だから、石膏ボードt12.5の捨て貼りの後、羽目板張ればOKです。でも、ロフト部分は外壁がジョリコートなので、少なくとも外壁は告示仕様にしないと木が張れなそうです。ややこしいですね~。
いずれにせよ、JBN方式の準耐火壁を活用し、メリハリのあるインテリアを作りたいと思います。

by iplusi | 2017-06-15 15:54 | 三宿N邸 | Comments(0)
<< 三宿N邸上棟 準耐火建築の外壁、間仕切り壁に... >>