多摩NK邸上棟
d0017039_23214851.jpg
多摩NK邸上棟しました。2階はスキップしてるので1階の背が高く上昇感があります。また、アイプラスアイでは珍しい、ほとんどシンメトリーの立面。さらに、T字路の突き当りにあることもあって、軸組みの段階でも、神社みたいな象徴性が出てます。
d0017039_23215468.jpg
建蔽40%、平面7.5P角(1P=910)なので、床面積は決して大きくないのですが、勾配屋根やスキップフロアで、室内は少しだけ気積が大きくなっています。囲まれ感のある平面と、高さ方向のちょっとだけのゆとりが、とても気持ちのいいスケール感をつくっています。
屋根は中央にハイサイドライトがあります。2階の屋根は910ピッチで登梁形式。24㎜の厚物合板で剛床にします。
d0017039_23215198.jpg
今回の構造の要。庇用の片持ち梁は限界まで細く加工。その梁に取り合う胴差は梁受金物(ストローグ)で、梁上下の管柱は、ほぞパイプにして欠損を最小に。コボット付きますが、梁受金物やほぞパイプとコボットのビスが干渉しないかどうかは、原寸描いて検討済みです。

今回の棟梁は荻窪H邸と同じシバタさん。趣味は仕事、23歳。吉田工務店の監督は毎度おなじみの薮崎さん。アイプラスアイは中根が担当します。


by iplusi | 2017-03-11 23:50 | 多摩NK邸 | Comments(2)
Commented by NK夫 at 2017-03-13 18:31 x
先週はありがとうございました。
下からハイサイドを見上げた時、綺麗すぎてしばらく立ち尽くしてしまいました。完成後はどんな陰影になるのか、とても楽しみです。
Commented by iplusi at 2017-03-20 22:09
NKさん、おめでとうございます。過不足ない感じが、とても心地よい雰囲気をつくる建築になると思います。お楽しみに。
<< 町田K邸オープンハウスのお知らせ オガスタコラボその後 >>