町田K邸上棟
d0017039_12242469.jpg
町田K邸昨日上棟しました。敷地内にレッカー置けるし電線もありませんが、構造金物が多いとはかどらないそうで、初日は棟上げまで。昨日今日は応援の大工さんが入り、垂木、野地2枚、ダイライトまでを仕上げます。
d0017039_12243474.jpg
登梁最頂部のホールダウンは現場手加工で処理。
d0017039_12244332.jpg
プレカットチェックの要点のひとつ羽子板ボルトもついてます。チェックの際は取り付ける向きや座彫りのあるなしを考える必要があります。マルダイさんは梁せいが270以上だと羽子板は2本が標準。
d0017039_12244173.jpg
今回は40度くらいの浅い角度で、胴差が入ってくるコーナーががあります。隅柱ですが、柱勝ちだと斜めの梁の仕口が作れないので、梁勝ち+ホールダウンで処理。斜めの胴差は下に柱は沢山入りますが、この部分在来の蟻仕口は、繊維方向考えると、ちょっと弱そうだから、後入れの半柱で支えます。また、羽子板できちんと引きよせています。
d0017039_12243873.jpg
スクリュービームの柱頭金物。欠損させたくないけど、ほぞパイプが付けにくいところは、この金物使うことがあります。
d0017039_12244624.jpg
下部合板あらわしの部分は、合板をプレカットすると柱際に孔があきます。今回は室内方向のみ、プレカット工場でしゃくり入れてました。床合板は養生して雨染み対策してます。完璧ですね。

この現場も担当はスーパー棟梁、狩野さん。i+i→青木工務店の現場3連続で、トータル11軒目です。ありがたいことです。

by iplusi | 2016-11-30 12:49 | 町田K邸 | Comments(0)
<< つくばN邸 植栽写真 建築知識ビルダーズNo.27「... >>