飯能K邸 基礎工事
d0017039_14405891.jpg
9/8配筋検査。捨コンの上に外型枠だけが設置された状態です。
d0017039_14411968.jpg
9/9打設1回目。今回は、基本耐圧と立ち上がり分けて打設しますが、型枠がパネコートの庭側の立ち上がりだけは、打ち継ぎなしの一体打ちです。このように、立ち上がりを耐圧より先に打設するのは一体打ちでは一般的な方法。右手の単管は浮き型枠のサポートですね。打設は通常ポンプ屋さんいれて3人ですが、個の現場は5人体制で打ってます。
d0017039_14411440.jpg
同日、打設前の生コンの第三者検査。スランプ15の強度の高いコンクリートです。温度、スランプ、空気量の数値確認してから現場に打設の指示を出しています。
d0017039_14412264.jpg
9/12立ち上がり打設風景です。本体立ち上がりは鋼製枠で施工してます。
来週、9/20土台敷き、9/23足場架け、土曜日9/24上棟の予定です。
by iplusi | 2016-09-15 14:52 | 飯能K邸 | Comments(0)
<< 狛江W邸その後 町田K邸地鎮祭 現場監督は藤原君 >>