町田K邸地鎮祭 現場監督は藤原君
d0017039_20381937.jpg
昨日は雨の中、町田K邸の地鎮祭(塩、米、お酒によるお清め)を行いました。併せて、28日からの掘削工事(改良はなし)に先立ち、Kさん夫妻、青木工務店、i+iの3者で敷地もチェックしました。

  • 境界杭のあるなし確認
  • 地縄の追い出し方(道路に平行。北東の角から東西位置を割り出し。)を確認。建物位置は特に問題なし。
  • レベルは現況地盤レベル生かしで決定。
  • 電線は道路反対側。北東から引き込み予定。建て方は問題なさそう。
  • 隣家柳の木がやや越境。
  • 道路側既存ブロックの撤去範囲相談。ポーチ風のカタマリも一緒に撤去。
  • 駐車場と干渉する大きな宅桝は予定通り撤去。深さは十分あるので配管の勾配は問題なし
  • 浸透桝オーバーフロー管の側溝接続は、藤原君に再確認してもらう。
  • 隣家側ブロック、駐車場掘削時の処理相談。
  • 給水配管(ステンレス蛇腹管、止水栓より道路側)と掘削部の干渉は凍結必要かどうか別途報告予定。
  • 一部、キャスコーナーだけで縁石のない部分があり。縁石の切り下げは藤原君が別途見積もることに。
  • 排水の出し方相談→外から見えないので耐圧上で問題なし。
  • 散水栓の位置相談。→建物裏に1か所立水栓方式。2階バルコニーにも1か所追加。
  • 近隣挨拶の軒数、段取りなど相談。

今回の棟梁は、再びスーパー大工の狩野さん。横浜T邸の現場が終わり次第、駆け付けていただけることになっています。青木工務店の監督は、藤原君です。法政大学、構法スタジオのTAをやっていた藤原君を青木さんのところに紹介したのが4年前。入社3年半でどんな風に成長したかどうか見ものですな。i+iは入所4年弱で驚くほど成長した熊澤が担当します。

by iplusi | 2016-09-14 21:11 | 町田K邸 | Comments(0)
<< 飯能K邸 基礎工事 横浜T邸 先週末の現場 >>