つくばN邸 お引き渡し
d0017039_18132801.jpg
つくばN邸オープンハウス無事終了。同日夕方お引き渡しでした。背伸びした1.5階建てのフォルムと、焼杉と杉板ウッドロングエコ塗装のツートン使い外壁は、お客様にとても好評でした。
d0017039_18113401.jpg
外構はお施主お父さんの仲間の施工ですが、まだ工事中なので、オープンハウス用に施主Nさんご夫妻と中根、須貝で暫定整備。こういう時、20代は頼もしいですね。
d0017039_21315131.jpg

残土スケープ築山から40cmの高さに設定された屋外デッキと屋内ベンチ。内外両面に縁側空間をつくります。窓の高さは1.1mで地窓風。軒の出は45cm。前庭の風景を切り取ります。窓の上部は間接照明付きの棚になっています。
d0017039_18132978.jpg
こちらは吹き抜けの開口部。高さがあるので軒も1間と深くなってます。Z型にベンチが雁行しつつ連続。ベンチは巾木をへこませました。
d0017039_18113468.jpg
キッチンは対面型。天板はステンレスHL。バックカウンターは食器棚+家電置き場。キッチンカウンターは黒、食器棚と上棚はこげ茶、棚下は黒いタイル。Nさん悩みに悩んだ色合わせですが、とてもうまくいってますね。キッチン背後のハイサイドライト、裏庭の緑もとてもいい感じです。
d0017039_18113391.jpg
浴室はユニット、脱衣は白いCFを使って白一色に。流しは実験用、鏡は収納なしでシンプルに。下の棚だけが素地の集成です。収納物は無印のプラスチックケースに入れて、左手のニッチに積むことになってます。脱衣室はキッチン側、玄関側と入口が2つあって、回遊できます。
d0017039_21135667.jpg
玄関わきの小部屋は通り抜け型のシューズクローゼット。閉塞感がないように壁は1800まで。北側のブロックは天井張ってますが、これはキッチンの防火と配管電気を隠すためのもの。
d0017039_18192056.jpg
2階へはベンチの上から2つの箱の間を縫って上っていく感じです。吹き抜け沿いに壁が回る構成はアイプラスアイでは珍しいかもですが、これも全然アリですね。一階のエアコンは今売ってる中で最も薄い三菱製。さらに壁を10cmほどへこませて設置しました。
d0017039_18324245.jpg
吹き抜けに面する箱は、共用の書斎ブースです。Nさんのアイデアで内側は合板着色仕上げに。
d0017039_18113583.jpg
階段上部から吹き抜け大開口を見返したところ。内外の連続感が出るように、デッキやベンチは焼杉に合わせて黒く塗装してます。
d0017039_18132955.jpg
階段の正面は子供部屋の大開口。右手構造用合板のブースは移動式(子供部屋はお子さんの数に応じてブースで仕切ります)。エアコンも共用。見学会当日はとても暑い日でしたが、上下階2台のエアコンで家中が十二分に冷えていました。
d0017039_18113531.jpg
大窓ごしに庭の風景を楽しめる共用書斎ブースはトップライト付き。
d0017039_20582419.jpg
家族共用のクローゼットもトップライト付きです。特に造作してませんが、子供室用ブースはクローゼット内に移動できるようになっています。
d0017039_18113564.jpg
主寝室。面積は広くないけど、天井高く大きな窓もあるので快適です。このテラス側の窓は屋根がかかっているので、雨天時にも開けられますね。
d0017039_18132981.jpg
見学会後、机やいすをセッティングし、高級壁付け照明の使い勝手チェック。なかなか格好いいですね。
d0017039_20355577.jpg

夜景はこんな感じ(ブラインドがないので窓に静電気でくっつく塗装養生用のビニール張ってます。)。日中は黒いサッシを焼杉と同化させ、生々しい住宅用サッシのディテールを消すという作戦をとっていますが、ちゃんとサッシサイズ、ディテールをコントロールしているので、夜景も格好いいですね。
d0017039_18132921.jpg
引き渡しの後、Nさん夫妻お手製の料理+カナダのビールをいただきました。Nさんごちそうさまでした。また竣工おめでとうございます。




by iplusi | 2016-07-25 19:11 | つくばN邸 | Comments(2)
Commented by 森山高至 at 2016-07-26 00:46 x
完成おめでとうございます。飯塚先生の作品はどんどん骨太になってきて非常に頼もしいです。
Commented by iplusi at 2016-09-01 00:38
ありがとうございます。電話でお話しするのでコメント欄で返信するの忘れてましたが、豊洲移転延期の件ではお疲れ様でした。今後も建築界の池上彰として活躍されることを期待してます。
<< 国立S邸 先週末の現場 つくばN邸オープンハウスのお知らせ >>