横浜T邸 サッシの発注
横浜T邸、サッシの発注時期です。一番の問題はサッシの色。外壁の色・素材とサッシの色の組み合わせが大事なので、サッシの色と同時に外壁の大方針も決めてゆきます。
d0017039_17042997.jpg
レンガが似合いそうな道路側ファサード。Tさんとの議論の結果、2階を仕上げる予定だった白系の吹き付けは絶対に木には勝てないということでやめ、上下階ともシングル系の木張に。色は西国分寺T邸とさいたまO邸の中間くらいを想定。凹み型バルコニーはダークブラウンの木、サッシはブラックとして、生々しいサッシディテールを消します。ちなみに、道路側の引違いは、外部ブラックですが、アルミ樹脂複合サッシとして、室内側はホワイトを選択。
d0017039_17043989.jpg
その他の面は、内外ともホワイト色のサッシを想定(一部アルミ樹脂複合)。庭側2階の中庭型バルコニーは、道路側と反対に白っぽい木で仕上げることになりました。

その他の発注前確認事項は下記のとおり。

□現地確認
・民法上の距離のチェック
・隣家の窓との関係チェック

□位置寸法
・入隅外壁部のおさまり寸法
・胴差や桁、天井との関係
・腰窓、座ったポジション、立ったポジションの高さ
・玄関回りサッシ、土台との関係

□色
・外壁との関係
・クライアントの好み
・内部枠の色
・ブラインドの種類と付け方

□ガラス
・防犯にする窓しない窓
・防犯ガラスはカスミか乳白か
・LOW-Eガラスの色
・空気層の厚
・透明にする窓しない窓
・透明窓のブラインド類

□引違いサッシ
・クレセントと柱の干渉について
・庭側の大型引違いのサポートハンドル(祖母の利用を考慮)
・引違いクレセント下寄せする箇所あるか
・スライド網戸の使い勝手(常に右ポジション使いとしてサイズ特注)

□プロジェクト窓
・開きドア、縦滑り出し窓の開き勝手
・小型横滑りサッシ網戸を開き形式に
・オーニング窓のアーム長、操作性


by iplusi | 2016-07-10 17:12 | 横浜T邸 | Comments(0)
<< 町田K邸 ネイルサロン室内色の検討 つくばN邸 事務所検査 >>