飯能K邸01案
d0017039_18204020.jpg
飯能K邸01案。本来は平屋にしたいけど、コストがかさむとということで、1階と2階の面積比を2:1にする部分2階建てでご提案。2階からも谷方向の眺望が楽しめるように、北海道牧場風の腰折れ屋根を、あえて長手を妻にして架けてみました。腰折れ屋根は「昭和住宅」というリクエストを意識していますが、横に引き伸ばされた伸びやかなプロポーションで、現代的な印象を出せればと思っています。

一発目から、とても気に入っていただいたのですが、近い将来、親御さんが移り住むかもということで、02案は100坪の敷地に2棟建てる案をご提案予定です。用途上可分の建築となるので、確認申請上は敷地分割して2棟の建築物を建てる方が自然。それぞれの敷地に対し敷地面積の最低限度がかかり、各々の建物が分割線からのセットバックの規制を受けることになりますが、はたして敷地内に、うまく納まるでしょうか。

ちなみに、アクセサリーデザインもされる奥様のホームページはこちら↓。
かわいらしいアクセサリーの数々が並んでいます。ぜひご覧ください。

by iplusi | 2016-03-05 18:29 | 飯能K邸 | Comments(2)
Commented by 川崎H邸主人 at 2016-03-07 00:59 x
今朝、がっちりマンデーで放映していたあれですかね?
Commented by iplusi at 2016-03-16 21:14
がっちりマンデーはミンネhttps://minne.com/
かなんかでしたかね。このお客様はそこまでは考えていらっしゃらないようです。
<< つくばN邸外壁色の検討 国立S邸 お施主さん作成CG >>